2019年12月06日

目先の幸せと未来

 「将来の地球環境を守るために二酸化炭素などの温暖化ガス排出を減らすべき」という主張と、「そんな事より、今の経済成長が重要だ。そのためには化石燃料を燃やして利益を得る」という主張が激しく対立しています。
 自分は当然、前者の立場ですが、後者の気持ちもわからなくはありません。
 何しろ、後者の人々の住む豪邸は、温暖化ガスで海面が上昇しようと、台風が来ようと、まず被害は受けません。
 地球の気温が更に上がれば、より深刻な気象被害が発生するわけですが、その頃には、そのお金持ちたちは死んでいるから、関係ないわけです。
 にも関わらず、温暖化ガス規制に協力したら、目先の儲けが減って、贅沢な暮らしができなくなるわけです。
 だからこそ、執拗に反対するわけです。

 自分も、もう50歳ですから、生きている間に、深刻な被害を受ける可能性は相対的には低いわけです。
 しかしながら、前者の立場で、温暖化ガス削減をすべきだと主張します。
 人間誰も、いつかは死にます。そして、死んだあとに起きたことを認識する事はできません。
 とはいえ、生きている間に、自分が死んだあと、どうなるかを想像することはできます。
 そのときに、温暖化ガスの影響で、海面が上昇して島嶼国が滅亡し、気象災害が頻発して、多くの人の生活が脅かされる、などという「死後の世界」を想像しながら世を去るなどというのは惨めな生き方だと言わざるを得ません。
 一方で、温暖化ガス削減に頑張った。その結果、後世の人は安心して暮らせる、と思って世を去るのは、幸せな生き方だと思っています。
 いくら化石燃料を燃やして、多額の富を得たとしても、死ねばそれを使うことはできません。
 目先の利益を重視して温暖化ガス排出制限に反対している人たちに、その事をぜひ気づいてほしいものだ、と思ってやみません。

2019年12月05日

服の痛み具合

 軽く外食に行きました。
 席についたら、相方に服について言及されました。着ていたセーターは、23年前に、新宿タカシマヤで妹たちに選んでもらったものです。
 襟周りはちょっと傷んでいますが、それ以外は十分使えるね、と言われました。
 帰宅後、はいていたズボンについて、かなり傷んでいるね、と言われました。
 こちらは、5年くらい前に、同じ新宿タカシマヤで妹に選んでもらったものでした。別に、酷使したわけでもありません。
 同じ店で同じ人に選んでもらったのに、経年劣化に差があるわけです。
 この20数年で、洋服の作り方に変化が生じたのだろうか、と思わざるを得ませんでした。

2019年12月03日

白鵬関のかち上げと張り手

 先日の九州場所で通算43回目の優勝を果たした白鵬関に対し、2つの週刊誌が「かち上げと張り手の多用は横綱らしくない」と横綱審議委員が言ったという記事を発表しました。
 「横綱らしい」という言葉自体、かなりいい加減なものです。おそらくは、立ち会いから四つに組んで寄り切りや上手投げで勝つ相撲をいいたいのでしょう。
 しかし、それだと、今から100年くらい前に、突っ張りで圧倒的な成績を残した、横綱・太刀山関も「横綱らしくない」という事になってしまいます。
 何が「横綱らしい」かはともかく、白鵬関が相撲のルールにのっとって技を出している以上、それに文句をつけるのは筋違いです。
 ちなみに、相撲のルールでは、両手で同時に張り手を行うのは危険だから反則となっています。逆に言えば、白鵬関が得意とする片手での張り手は、相撲のルールを遵守した技であり、問題視するほうがおかしいのです。
 現在、白鵬関の優勝回数は43回で、それまでの最高記録だった32を大幅に上回っています。
 当然ながら、それだけの桁違いの優勝を果たした理由の中に、かち上げや張り手の有効活用があるわけです。
 その活用は褒められる事はあっても、けなされる事ではありません。
 どうしても相撲としておかしいというのなら、「自粛要請」でなく、ルール変更で張り手やかち上げを禁止すればいいだけの話です。彼らがそれを主張するなら、一理ある主張と言えるのですが…。
 というわけで、一連の「かち上げ・張り手批判」を見るたびに、その質の低さに呆れています。

2019年12月02日

シンクライアント

 今から10年ちょっと前に、当時勤めていた会社で、シンクライアント導入を検討した事がありました。
 当時いた会社は、非常に拠点が多く、シンクライアントにして一括管理する、というのは全社のシステムをまとめて面倒見ていた身としては、かなりありがたいものでした。
 しかも、現場のPCの記憶装置にデータが残らず、すべてデータがサーバーに残る、というのも、退職者の多い職場なだけに、管理上助かると思ったものでした。
 結局、導入費用の問題と、各拠点の通信回線の細さから断念せざるをえなかったのですが、あのときの、研究調査や、ベンダーさんとのやりとりは、今でもよく覚えています。

 そんななか、今日の国会中継で首相が「シンクライアント」について語りました。
 内容を見て驚いたのですが、「シンクライアントは端末(つまり個々のPC)」にデータが残っていない。サーバーにはデータがあるが、保存期間が切れたら削除されるので復元できない、と堂々と語っていたのです。
 その「削除されたデータ」というのは、首相や政府にとって不都合なデータです。
 それがもう復元不可能、という嘘をつこうとしているわけです。しかしながら、シンクライアントに関する知識がちょっとでもある人がこの答弁を聞けば、「間違いなくデータが復元できる」という事はすぐにわかります。
 はっきり言って、王様が街中を裸で歩き回ったに等しい「答弁」だったと思いました。
 したがって、各マスコミが、正直にこれがいかにおかしいかを報じれば、あっという間に話は片付くはずです。
 とはいえ、これまでの経験から、商業マスコミにおけるこの答弁に関する記事が「王様は立派なお召し物をまとっていました」になるのは、火を見るより明らかです。
 実際、新聞社サイトには、既にそのような「記事」が流されていました。
 改めて、今の政治とマスコミに呆れ果てました。もちろん、同時に、これを何とか変えていかねば、という闘志が湧きました。

2019年12月01日

最寄りのATMが閉鎖

 家から歩いて2分くらいのところにある、口座を持っている銀行のATMが閉鎖されました。
 22年前、ここに来たときからあったATMですが、その時点では、自分が口座を持っているのとは違う銀行でした。
 ところが、銀行の合併が続くうちに、何度か名前が変わり、14年前、ついに自分が口座を持つ銀行と合併したため、手数料なしで使えるATMになりました。
 その時の、棚ぼた的なお得感は、今でもよく覚えています。
 それ以降、非常に長い間愛用させてもらいました。
 したがって、閉鎖となったとはいえ、利便性については、合併された14年前に戻っただけとはいえます。
 そして、同じ銀行のATMは、歩いて6分のところにあるので、さほど不便になったわけではありません。
 とはいえ、長年のつきあいだっただけに、かなりの損失感がありました。
 同時に、その歩いて6分のところにあるATMの存続が不安になっています。さすがにそこが閉鎖されたら、かなりの手間がかかりますが、銀行を変えねばなるまい、と思っています。