2018年12月07日

二本目の抜歯

 右の奥歯が虫歯になったので、抜きました。昨年は左の親知らずを抜いたのですが、その時よりも治療費が高く、面倒な作業でした。加えて、抜いた後の痛みもかなりのもので、1時間ほど悶絶していました。
 当然、食事にも支障が出て、空腹なのにものが食べづらく完食できない、という悲惨な状況になっています。
 改めて、歯が健康である事の重要性を認識させられました。この苦労を味あわないよう、もっと歯をきちんと磨かねば、と痛感した次第です。

2018年12月06日

30分間延々と「あおり運転」が流れる

 ある事務所でパソコンのトラブル対応をしていました。
 事務所では昼のワイドショーが流れていました。
 30分近く作業をしていたのですが、その間、延々と「高速道路あおり運転」だけが流れていました。
 別にそれを見たからと言って何の役に立つわけでも、重要な情報が得られるわけでもありません。
 にも関わらず、キャスターもコメンテーターもどうでもいい事をダラダラと言い続けていました。
 その一方で、国会では問題のある法案が強行採決で通されようとしています。働く事、水を飲むこと、魚を食べることなど、すべて我々の日常生活を直撃する事ばかりです。
 しかし、それについては報じず、ひたすら「あおり運転」が流れ続けました。
 一時期の「紀州のドンファン」や「相撲取りの暴力」同様、本当に意味のない事です。ここまで来るとその目的は、「視聴者の目から重要な事を隠す」である事は明白だな、と呆れました。

2018年12月05日

高輪G駅

 品川と田町の間にできる駅が「高輪ゲートウェイ」という、しょうもない名前になってしまった事が話題になっています。
 元高輪町民としても、地元感がまったくなく、呆れています。まあ、鉄道会社が駅周辺に「ゲートウェイ」なる商業施設を作りたいのだろうな、という意図だけは伝わってきました。
 こんなしょうもない名前にするくらいなら、自分が高輪に住んでいた時、家の隣にあった公園であるゲジゲジ山(公式名称「高松くすのき公園)の名をつかって、「高輪ゲジゲジ山入口」とでもすればいいのに、などとまで思ったりしました。

2018年12月04日

12月の深夜にTシャツで買い物

 えらく温かい一日でした。
 帰宅したら相方がTシャツ一枚でした。それにならって、自分もTシャツ一枚で過ごしましたが、全然寒くありません。
 その後、買い物に行こうと思ったのですが、相変わらずの気温のようなので、そのままTシャツ一枚ででかけました。ちょっと寒さを感じはしましたが、もう一枚羽織る必要は感じませんでした。
 コンビニで、他のお客さんはみな、コートにマフラーといったいでたちでした。そんななか、Tシャツ一枚で買い物する、というのはなかなか奇妙な気分でした。
 半世紀近く生きていますが、12月のしかも深夜にTシャツ一枚で外出というのは初めてです。面白くはありましたが、これは地球温暖化の影響でもあるわけです。それを思うと、いろいろと不安にもなりました。

2018年12月03日

流行語・新語大賞

 流行語・新語大賞が発表されました。
 地上波放送を見るのは週に1時間という生活なので、TV関係のものはほとんど聞いたことがありません。一方で、ネット発である「ご飯論法」や「#MeToo」などは、発生した時期から見慣れていたので感慨がありました。
 ただ、どちらも存在して好ましいものではありません。
 「ご飯論法」は閣僚や官僚が、事実を歪めて答弁をするための「論法」です。また、「#MeToo」は女性に対する不当かつ差別的な言動に対する告発です。
 それらが流行語・新語として話題になった事により、それらの不当さが明るみに出ました。そういう点においては大きな意義があります。したがって、受賞も大変喜ばしいことです。
 ただそれと同時に、これらの言葉が流行しない世の中にしなければ、と思いました。
 やはり、閣僚や官僚が誠実な答弁を行うのが当然ですし、女性に対する不当な差別的言動もなくなるべきです。
 そのように変わることで、「今では信じられないけれど、『ご飯論法』とか『#MeToo』が流行語・新語大賞になるような異常な時期もかつてはあった」と語れるように時代にしたいものだと思いました。

2018年12月02日

休養日

 多忙な月末を過ごし、疲れがピークに達していたので、今日はほとんど布団の中で過ごしました。
 歳のせいか、最近になって、二ヶ月に一度くらい、こんな「休養日」を設定せざるを得なくなっています。
 何もできないのは残念ですが、無理して何かしようとすると、溜まった疲れが悪い方向に出てしまう危険があります。
 それだけに、逆に黄信号が出ている状態なんだな、と理解し、無理して進まずに、体を休めました。
 疲労ゼロの生活ができれば一番いいのですが、それができない以上、こうやって疲労回復の時間を取らざるを得ないな、と思っています。

2018年12月01日

師走に

 12月になりました。2018年最後の月になったわけです。
 気温が高く、あまり実感がないのですが、もう年末なんだな、と思います。
 自分の場合、特にすることもないですし、大晦日まで仕事があるので、特別な感慨はないのですが、これまで通り、無事に一ヶ月を過ごせれば、などとは思っています。