最近の更新
サイト内検索
Google


www.jakushou.com を検索
WWW を検索
カウンタ
  • アクセスカウンタ合計の来訪者数
  • 昨日アクセスカウンタ昨日の来訪者数
  • 本日アクセスカウンタ本日の来訪者数
翔みならの作品とつぶやき
ご案内

2020年09月23日

「論破」の価値

 ある時期から、「相手を論破する」というのが何か凄い事のように思われる風潮ができました。
 さかし、その「論破術」みたいなものは、詭弁や嘘を多様したり、相手の発言中に大声で割り込んで主張を封じるようなものでした。
 その結果、論理的で筋の通った事よりも、そのような「論破術」を駆使するほうがもてはやされるようになりました。マスコミもそれに同調しました。
 その結果、何人もの人がたくさん話しているのに、得るものはほとんどない、という事が増えました。
 「論破」よりも話し合って合意や進歩を生み出すほうがずっと価値があると思うのですが…。
 このような風潮が続く限り、論議の質は下がる一方になることでしょうね。

掲載時刻 22:50

2020年09月22日

台風接近

 台風12号が接近中です。木曜の夜には首都圏を直撃するという予報になっています。
 今の仕事は、台風直撃が大きく影響するので、今から色々と直撃日時をシミュレートして色々と対策を取る必要が生じます。
 昨年の今頃もそれで本当に苦心をしました。
 気候変動で、毎年このように台風直撃による大雨や暴風が恒例化しているので、今の部署にいる間は、毎年秋はこれで悩み続けることになりそうです。
 根本的解決は地球温暖化の防止しかありません。数年で効果がでるものではありませんが、何もしないでいいわけではない事は確かですね。
 数日後の対策に悩むと同時に、この根本的解決についても色々と考えています。

掲載時刻 23:25

2020年09月21日

久々に猫と遊ぶ

 あるお宅から、スマホが起動しなくなった、という連絡があり、訪問しました。
 スマホの問題はあっさり片付いたのですが、その後も、色々と話しがはずみました。
 その家には13歳の猫がいました。たいへん人懐こく、初対面の飛車を見ても、すり寄ってきて「ニャー」と言います。
 おかげで、久々に猫とじっくり遊ぶことができました。
 訪問サポートは色々と面倒なこともあるのですが、このような「役得」もたまにあります。それだけにこれからも色々と訪問サポートは続けたいものだと思っています。

掲載時刻 22:37

2020年09月20日

うかつにも信じてしまったデマ

 2010年代前半のある時期から、大学生のPC所持率が減りました。
 そのときに出た言説に、「今はスマホがあり、それで事足りるのでパソコンが不要になった」というものがありました。
 恥ずかしい話ですが、筆者はそれを真に受けてしまいました。
 確かに、メール・SNS・WEB検索などは確かにスマホで代替できます。しかし一方で、ワードやエクセルなどはスマホで代用することはできません。
 つまり、スマホだけでは、事務仕事の必須条件である「ワード・エクセルが使える人」にはなれないわけです。
 しばらくして、それは学生が貧しくなり、パソコンを買う金がなくなったから、という事実を知ることができました。それなら全て腑に落ちます。
 別に、一時的に騙されただけで、それを吹聴したわけでもないので被害はありません。
 とはいえ、自分の専門分野とも言えるパソコン関係で、ちょっとよく考えればわかる嘘にちょっとでも騙された、というのには忸怩たるものがありました。
 どんなもっともらしい事でも、きちんと検証することが重要だと痛感させられました。

掲載時刻 18:12

2020年09月19日

四連休と不安

 今日から四連休です。自分の仕事は祝日は関係ないので特に影響はないのですが、ニュースを見ると暗澹たる気持ちになります。
 コロナ禍は何ら収束せず、東京の新規感染者数も相変わらずなのですが、羽田空港は満員で、多くの人が飛行機ででかけた、とのことでした。
 つい最近も、コロナ禍を抑え込んでいた沖縄が、「GoToトラベル」のおかげで、感染者が急増した、という事例がありました。
 それと同じことがさらに大規模に起こるのでは、と危惧しています。
 もちろん我が家はこれまで通り、手洗いうがいと接触削減を続けてきますが、それがいつまでもつのか、と思えてきています。

掲載時刻 20:47

2020年09月18日

あれだけ削れば当然の帰結

 ヤフーニュースで、日本製の鉄道車両が輸出競争で他国に負けた、という記事を見ました。
 率直に言って「そりゃそうだろうな」と思いました。
 何しろ、この30年ちょっとで、「赤字」を理由に、北海道や九州をはじめ、多くの路線を廃止しました。
 そして今では、災害で線路が流されると、それを理由に復旧せずに廃止しようとしています。
 それだけ路線を減らせば、鉄道に関する技術が衰退するのも当然です。
 もちろん、これは鉄道だけの話ではありません。
 人員削減をすることにより、利益だけは増えるものの、技術力が低下している、というのは様々な産業で起きています。
 このままでは、加速度的に「日本の技術」は衰退するのは目に見えていると思うのですが…。
 それが理解できている経営者はどれくらいるのか、極めて不安です。

掲載時刻 23:14

2020年09月17日

記憶のうすれ

 大学時代は何度も鉄道旅行をしたものでした。
 特に北海道は二回、九州は一回、それぞれ半月くらい乗りまわったものでした。
 北海道に関しては、根室本線の旭川-富良野間を除き、当時営業していたすべての鉄道に乗車しました。
 一方、九州のほうは、一回しかいかなかったので、かなり乗れなかったところもありました。
 しかし、31年も経つと、どれに乗ってどれに乗っていないか、かなり記憶が薄れてしまいました。
 当時は、記録など残さなくても、記憶に残っていればいい、という感覚だったので、写真も撮らなければ、ノートもつけませんでした。
 今だったら、デジカメで撮って、それをパソコンに記録していたと思うのですが…。
 まあ、記憶に残っていなくても、当時、充実した時間を過ごせたので、それで良かったと思っています。
 いつか時間が取れたら、再び九州周遊旅行もしたいとは思っているのですが、そんな時間が今後取れるかどうかはまったくもって不明です。

掲載時刻 21:14

2020年09月16日

「してもらうこと」の価値

 世の中には、金銭などの対価なしに、自分以外の人のためになにかする、という行為がたくさんあります。
 それがなければ、家庭生活をはじめ、様々なものが成り立たなくなってしまうでしょう。
 対価は発生しないわけですが、してもらった側には最低限の感謝が必要なわけです。別に、それは「ありがとう」の一言でも十分です。
 一見、当たり前のことですが、長く関係を続けるにはそれが重要なわけです。
 ところが、不思議なことに、それができない人がいます。自分が過去に関わった人間でも、こちらが何かし続ける間に、それが自分の当然の権利、みたいな態度を取り出した人がいました。
 もちろん、そのような人とは、関係を断絶せざるをえませんでした。
 普通に考えれば当たり前の事なのですが、不思議に、それができず、このような結果になってしまう事例は他にも何件か知っています。
 自分はいまだに経験がないのでわからないのですが、そのような人は、そんな厚かましい事をやっていれば、そのような結果になる、と想像できなかったのでしょうか。
 一度聞いていみたいと思っていますが、残念ながら、そういう人と話す機会はないので、おそらくその心境は一生理解できないかもしれないな、と思っています。

掲載時刻 22:31

2020年09月15日

地位は人を作らない

 「地位は人を作る」という言説があります。「それなりの地位につくと、その地位にふさわしい人間に成長していくということ」です。
 現実を見れば、これが間違っている事は明白です。ごく最近だけみても、「自分の陣営を当選させるために億単位の金を配った法務大臣」なんという「地位が人を作らなかった」典型例があります。
 もちろん、この人に限らず、そのお仲間全てにあてはまる事です。
 これは今に始まったことではなく、歴史を見ればいくらでも類例はあります。
 もしかしたら、そのような能力も適正もないのに高い地位に登った輩に媚びへつらう人が、このようなどう考えてもおかしい言説を考えついたのだろうか、などと思っています。

   
掲載時刻 23:48

2020年09月14日

久々に自転車通勤

 自動車を買ってから初となる自転車通勤をしました。
 気温も下がり、雨も降らなそうなので自転車にしました。
 予想通り、天候に恵まれ、快適に自転車を走らせることができました。
 しかしながら、ちょっと疲労感がありました。10日ほど続けた自動車通勤に慣れて、体がなまってしまったのでしょうか。
 自動車通勤は楽ですが、運動不足には気をつけねばなりませんね。
 週末までは気候が良さそうなので、引き続き自転車を使おうと思いました。

掲載時刻 21:41

2020年09月13日

偉業

 テニスの全米オープンで、大坂なおみ選手が本大会二度目の優勝を達成し、四大大会での優勝数を三に伸ばしました。
 この大会の大阪選手の活躍は毎日注目していました。これほどまでにスポーツの試合に入れ込んだのは、10数年ぶりです。
 とはいえ、テニスのことはよくわかりません。注目していたのは、大阪選手が、毎試合、黒地に人名が書かれたマスクで入場し、かつその人名が毎試合異なる、という事でした。
 そして、その人名はいずれも、警官などの不当な行為によって命を奪われたアフリカ系アメリカ人でした。

続きを読む "偉業"
掲載時刻 22:48

2020年09月12日

業界トップ企業が相次いで…

 昨年、セブンイレブンが「セブンペイ」というスマホ決済システムを導入したものの、セキュリティがガバガバであっという間に閉鎖に追い込まれた、という事件がありました。
 そして今、NTTドコモの銀行決済システムの「ドコモ口座」で、数千万の不正引き出しが発生してニュースになっています。
 いずれもその業界でトップかつ、日本を代表する企業のはずです。
 それが、こんな酷いシステムを世に出し、多くの被害者を出したのですから、呆れる限りです。
 まあ、セブンイレブンといえば、甘言でオーナーを募集し、それをこき使って儲けるビジネスモデルです。また、ドコモも、最近は、スマホを買う高齢者に不要な光回線を勧めたりして儲けています。
 そんな形で金儲けをするのですから、このような論外のサービスを提供するのもある意味当然なのかもしれません。
 毎度ながら、日本企業の凋落ぶりをまざまざと感じさせられた事件でした。

掲載時刻 22:22

2020年09月11日

傘をさして味噌汁を運ぶ

 今の職場は2階建てで、自分の部署は1階にあります。
 そして1階と2階を結ぶ階段は屋外にしかありません。
 昼は相方が作ってくれる弁当を食べるのですが、それ加えて、2階にある台所でインスタント味噌汁を作って飲みます。
 今日の昼は、突如豪雨になったと思ったら、すぐに上がり、また降る、という極めて不安定な天気でした。
 そんななか、いつもどおり、味噌汁を作りに2階に上がりました。その時点では、外は晴れていました。
 しかし、味噌汁を作っている間に、突如、豪雨になりました。
 普通に降りたら、ずぶ濡れになってしまいます。
 そのため、片手に味噌汁、片手に傘、という出で立ちで外階段を降りました。
 ほんの数分でここまで天気が変わるわけです。
 毎度のことながら、かつての日本とは気候が違うのだな、と痛感させられました。

掲載時刻 23:19

2020年09月10日

名古屋うどん

 八千代台のほうに用事があったので、ついでに前から気になっていた「名古屋うどん」を食べに行きました。
 名古屋で麺類と言えば、きしめんか味噌煮込みうどんです。ネットで調べても、他に「名古屋うどん」という定義はありません。それだけに気になっていました。
 釜揚げうどんを頼んだのですが、うどんはやや細めという感じでした。そして、一本がかなり長く、つゆに入れるのに苦労をしました。
 うどんを一通り食べたら、蕎麦湯が出てきました。長年、色々なうどんを食べましたが、うどんを頼んで蕎麦湯が出てきたのは初めてのことでした。
 世の中には、まだまだ知らないうどんがあるのだな、と驚かされました。
 これからも、色々なうどんを食べていきたいものです。

掲載時刻 22:50

2020年09月09日

蛍光灯を交換

 寝室の蛍光灯が壊れました。
 紐で点灯するのですが、その紐が使えなくなったのです。
 この蛍光灯を買ったのは、27年前でした。
 それまでの実家ぐらしをやめ、弟と二人でアパート暮らしをする時に購入したものです。
 その後、結婚して千葉に引っ越す事になったのですが、備え付けの蛍光灯がなかったので、それを持っていきました。
 というわけで、2つのアパートにわたり、27年間、自分の部屋を照らし続けていたのです。
 自分の人生の半分以上、お世話になっていたわけです。
 どんな物でも、いつかは壊れるのは仕方ないことです。とはいえ、これだけ長いつきあい、かつ、ほとんど毎日お世話になっていた物だけに、これまでにない寂しさがありました。

掲載時刻 23:08

2020年09月08日

よく壊れた日

 朝イチでコピー機の故障でサポート会社に電話をしました。
 我が部署はこれが使えないと、コピーはもちろん、プリンタ機能もスキャナ機能も停止します。
 しかも、火曜日というのは一番プリンターを使う日なのです。
 それだけに、朝から大変でしたが、当初の予定よりちょっと早く修理が完了し、一安心しました。
 しかし、午後になると、今度は「社有車」の不調が判明しました。この車は、深夜に重要な任務で数十キロ走ります。万が一、走行中に壊れたら大変な事になります。
 最初に行った会社では手に負えず、別の会社を紹介されたりしたため、2時間ほど費やしてしまいました。
 おかげで、本来やるべき仕事を翌日に回さざるを得ず、明日は朝から多忙になる予定です。
 どんな物でも必ず壊れるので仕方ないのですが、さすがに二回も起きると、かなり不運を感じました。
 まあ、代わりにいつか、幸運の日が訪れることもあるだろう、と思うことにしました。

掲載時刻 23:08

2020年09月07日

頑張らせる前に考えるべきこと

 物事が全て順調に行っていれば「頑張ろう」と鼓舞する必要はありません。
 言い換えれば、「頑張ろう」とか「頑張れ」というときは、物事がうまく行っていないときなわけです。
 しかし、本当にそれで解決するのでしょうか。
 うまく行っていないという事は、なんらかの理由があります。それを改善せずに頑張りを求めるのはちょっと違うと思います。
 たとえば、重いものを持ってフラフラになって歩いている人に必要なのは「頑張れ」と言うことではありません。
 台車を用意するなり、二人で運ぶなど、運び方を変えるべきなのです。
 他人に頑張りを求める人は、そのへんをもう少し考えてほしいものだと思っています。

掲載時刻 23:36

2020年09月06日

天災と人災

 強力な台風10号が九州に上陸しました。
 年々強力になっていくのに加え、コロナ禍で避難所が使いにくくなっているので、より一層心配です。
 それにしても、昨年の台風被害から一年経ったわけですが、「このような対策を行ったから、昨年のような大変な事にならない」という話は一切ありません。
 結局、この一年、政府は、人々に誇れる防災対策など何もしていなかったわけです。
 昨年の台風でも、被害が拡大した理由として、公務員削減に伴う公共サービスの低下がありました。
 そう考えると、この被害は天災ではありますが、人災の側面も多々あると言わざるを得ません。
 明日の九州での被害が最小に収まることを願いつつ、一刻も早く、防災対策に力を入れ、「昨年のような事はおきません」と胸を張れる政治に変える必要があると強く思いました。

掲載時刻 23:39

2020年09月05日

自動車ならでは

 昨日購入した自動車で早速相方とでかけました。
 半年ほど前に相方が知り合いから美味しいとんかつ屋があると紹介された所です。
 ただ、美浜区幸町という、京成線と京葉線の間にある店なので、公共交通機関で行くとなると、駅からかなり歩きます。それだけに、レンタカーを使わねば行けないな、などと話していました。
 そこで、初ドライブとして、そこに行くことにしました。
 昨年から、相方と二人で車に乗る機会がありましたが、いずれも病院への送迎でした。
 それだけに、このように気楽な用事で出かけられることを嬉しく思いました。
 とんかつのほうも、勧められるだけあって美味で、これまで食べたなかで一番と思えたほどでした。
 行き帰りの時間も含め、貴重な時間を過ごせました。
 いろいろ迷いましたが、自家用車購入を決断してよかった、と思いました。

掲載時刻 22:23

2020年09月04日

自家用車を購入

 ちょうど7年前の9月に自転車通勤をはじめました。
 その後、5年前に職場が変わったときも、自転車通勤を続けました。
 いずれの職場も、公共交通機関を使うより、自転車を使ったほうが早く行ける、というのが理由でした。
 そして5年間、今の職場に自転車で通い続けたのですが、この夏の炎暑とゲリラ豪雨でかなり体力を削られました。
 そこで、自動車通勤に切り替えることにしました。
 当然、費用が発生するので、そのぶん、節約せねばなりません。
 しかし、この環境で自転車通勤を続ける事を考えれば、その出費を諦めたほうがいい、という判断に至りました。
 ちなみに数年後に職場が駅近くに移転する予定があるので、それ以降は電車通勤する予定です。
 それを考えると、今回の自動車購入は生涯最初で最後かも、と思っています。
 というわけで、短い期間になりますが、購入費と維持費の元を取れるくらいに自動車を活用できればと思っています。

掲載時刻 22:59

2020年09月03日

猛暑と豪雨

 予想通りではありますが、今日も猛暑でした。TVを見たら、9月の高温記録を更新したとアナウンサー氏が言っていました。
 また、午前中に花見川区内を車で移動していたら、突然の豪雨に見舞われました。あっという間に道には水たまりができたほどでした。
 しかしながら、午後にちょっと離れた場所に行ったら、そこには雨の痕跡すらありませんでした。また、その時点で千葉駅近くにいた相方に聞いたら、雨など全然感じなかったと言っていました。
 それだけ局地的な豪雨だったわけです。しかしながら、こんな経験するのもすっかり慣れてしまったので、特に驚きはしませんでした。
 この数年で完全に気候が変わってしまっているわけです。こちらも、それに対応するようにやり方を変えざるを得ないと思いました。
 同時に、だからと言ってこのまま温暖化を傍観せず、自分なりになにか変えることをせねば、とも思いました。

掲載時刻 20:21

2020年09月02日

公式の敗戦記念日

 太平洋戦争の終結日は、というと、ほとんどの人が8月15日と答えると思います。
 しかし、その日は、当時の大日本帝国政府が、ポツダム宣言を受け入れて降伏すると、当時の「臣民」に放送しただけの話で、国際法的には戦争は終わっていませんでした。
 法的に戦争が終わったのは、政府が降伏文書に調印した9月2日です。
 したがって、今日は、法的に戦争が終わって75年目となります。

 の夏も戦争を題材としたコンテンツが色々と発表されました。
 しかしながら、先日も書いたように、その中には、二度と戦争で苦しむ人を出さない事が目的でないものもありました。
 75年前の一部を誇張したり、逆に重要な部分を隠して、「事実と異なる戦争観」を植え付けようとする悪質なものもありました。
 戦争を経験した人が減り、さらに戦争で儲けようとする人が増えている現在ゆえに起きている現象だと思っています。
 そんなキナくささを感じた、「75年めの公式敗戦記念日」でした。

掲載時刻 22:14

2020年09月01日

秋の風

 月が代わったとたん、涼しい風が吹くようになりました。
 数日前までの炎暑とは別世界であるかのようです。
 おかげで、久しぶりに、休憩無しで職場まで自転車をこぐことができました。
 あれだけの暑さに苦しんだだけに、秋の風のありがたみを例年以上に感じました。
 もっとも、天気予報を見ると、明日からはまた連日の30度超えが続くようです。
 ふたたび、あの炎暑に苦しむ日が続くのでしょうか。
 いずれにせよ、束の間とは言え、秋の風を感じたことには、心がやすらぎました。

掲載時刻 23:42

2020年08月31日

豊島園閉園

 練馬の豊島園が本日をもって閉園しました。
 40年以上前に、一度行った事があるような記憶がかすかにあります。
 といっても、豊島園の記憶は一切ありません。ただ、その頃に西武豊島線に乗った記憶があるので、行ったはずだと思っています。
 ネットを見ると跡地は避難所を兼ねる公園とテーマパークになるそうですが、小田急の向ヶ丘遊園駅のように、豊島園駅という名前は残るのだろうな、と思っています。
 今後もこのように、「跡地」を意味する駅が増えていくのだろうな、などとも思いました。

掲載時刻 23:02

2020年08月30日

藁人形論法の見本

 有名な詭弁の一つに「藁人形論法」というものがあります。
 誰も言っていない「間違った言説」を勝手に作り出し、それを「論破」することにより、自分の言説の正しさを主張する、というものです。
 今年に入って、この藁人形論法を駆使する人が増えています。
 皆、判で押したように「日本に住む1億2千数百万人の人にPCR検査をしたら大変な事になる。だからPCR検査を広げるべきではない」と言っています。
 この前段部分の「「日本に住む1億2千数百万全ての人にPCR検査」を主張している人など基本的にいません。にも関わらず、その誤りを批判する事で、自分の主張である「PCR検査抑制」を成立させようとしているわけです。
 これほどあからさまな「藁人形論法」もないよな、と呆れました。
 もしかしたらそのうち、藁人形論法の別名として「1億2千万人全員PCR検査論法」という言葉ができるかも、などと思っています。

掲載時刻 23:02

2020年08月29日

退会手続き

 あるサービスを退会しました。
 別にそのサービスに問題があったわけではありません。他の要因で必要性がなくなったからです。
 サイトから退会手続きを取ったのですが、非常にあっさりと終わりました。
 これには正直びっくりしました。
 現在、ネット上で手続きできるサービスは、退会するさいに、何とか引き留めようと、姑息な手段をつかいます。
 なかには、操作ミスが起きそうな画面を用意するようなものもあります。
 そういうのを見るたびに、「このサービス、二度と使うか」という気分になりました。
 それだけに、今回の、退会手続きは好感が持てました。
 また使う必要性が生じたら、すぐに入ろうと思いました。
 改めて「北風と太陽」は非常に上手い寓話だな、などと思ったりもしました。

掲載時刻 23:21

2020年08月28日

動くだけで熱中症間際

 今の職場に勤めて5年めの夏になりました。
 その間、ずっと自転車通勤をしていました。
 それだけに余計、この夏の暑さが異常であることを体感しています。
 走っている時に日陰をみつけると、それだけで嬉しくなり、そこに入ります。
 ヘルメットを装着しているので、頭の熱中症対策は大丈夫なのですが、それ以外の部分は20分の自転車こぎの間で、かなりのダメージを受けます。
 出費を覚悟しつつ、抜本的な対策を取るときが来つつあるようです。

掲載時刻 23:51

2020年08月27日

パソコン購入サポートいろいろ

 初めて他人のパソコン購入をサポートしたのは、今世紀に入るちょっと前でした。
 以来、かなりの台数のパソコン購入を手伝っています。
 特に、2012年から3年半の間、それを仕事の一つにしていたので、その時期にはかなりの購入サポートをしました。
 たいていは問題なく動いてくれているのですが、たまにトラブルが発生します。
 今日は、5年ほど前に購入したノートパソコンのマイクが急に使えなくなった、という案件でした。
 数ヶ月前に、リモート会議の設定をしたときは、普通に使えたのに、と不思議に思って見てみました。しかし、確かにデバイスマネージャーを見ても、マイクが「なし」になっています。
 特に変な使い方をしているとは思えません。経年劣化でマイクが使えなくなったとしか解釈できませんでした。
 一定年数が経っており、仕方がないことではありますが、自分が購入サポートしたパソコンでこういう事があると、申し訳ない気分になります。
 残念な話ではありましたが、こうやっていつまでも、前の仕事で関わったパソコンのサポートで声がかかるのは嬉しいことだと思っています。

掲載時刻 23:26

2020年08月26日

26歳の誕生日

 職場のSさんが26回目の誕生日を迎えました。
 基本的に、人の誕生日には興味がないのですが、今回は例外でした。
 うちの職場には「社有車」が二台あります。自分がそれを管理しているのですが、自動車保険は26歳未満の人が乗るのと乗らないのでは契約も料金も違います。
 経費節減もあり、その26歳未満の保険は一台だけに適用していました。それだけに、「社有車」を使う時は、Sさんのスケジュールとの調整が必須になっていました。
 それが今日から解除されたため、車の管理も楽になり、保険料も下がるわけです。それは大変うれしいことでした。

 その事をご本人に話したら、「ええ、26歳になってしまたんですよ」という返事がありました。
 それを聞いて、思わず、自分が26歳だった時の事を思い出しました。
 当時は、東中野のアパートで弟と二人暮らしをし、二人で趣味を満喫する生活をしていました。
 一方、仕事では雑誌の編集をしていました。その関係で今の相方の存在を知ったのが、ちょうど26歳になった頃でした。
 また、結果的に今の仕事につながる事を具体的に始めた時期でもありました。
 その頃の事を色々と思い出したりもしました。
 なお、年齢の事だけを書いてしまいましたが、Sさんは非常に気遣いができる方で、我が職場のホープの一人です。
 これからの活躍も大いに期待しています。自分も、車の管理以外でもサポートできるよう、頑張っていきたいと思っています。

掲載時刻 22:00

2020年08月25日

根本を見る必要性

 職場にある無線LANの一つにつながらなくなりました。
 困ったのですが、パソコンを使う場所がルーターの近くなので有線で代用できます。
 他に誰も言ってこないので、自分の古いパソコンの調子が悪いだけなんだな、と思っていました。
 しかし、今日になって別の人からも、つながらないという指摘を受けました。そこで、ルーターを再起動したらあっさりと自分のパソコンもつながるようになりました。
 トラブルが起きたとき、目の前に簡単な退避策があると、ついついそれを使ってしまいます。
 色々とバタバタしており、ついつい時間を節約したくなってしまうわけです。しかし、やはり根本を治すことを考えねばならないな、と大いに反省させられました。

掲載時刻 23:44

2020年08月24日

嘘をつく専門家

 このコロナ禍で、専門家・大御所と呼ばれる人が色々と嘘をついている事が明るみになっています。
 先日も、春先にその道の大御所と呼ばれる人が「新型コロナウイルスは4月を過ぎて暖かくなれば消える」などと言っていた情報を見ました。
 それが嘘であった事は今になってみれば明白ですが、それがきちんと検証されたり、その人が嘘をついた事が批判されている様子はありません。
 そういう嘘が出回ったほうが都合のいい人々が力をもっているからなのでしょう。
 以前は、なぜ自分が長年努力して学んだ専門的知識に背くような嘘を平然とつくのか、と不思議に思っていた時期もありました。
 しかし最近になって、このような人々はもともと金や名声が得たくて専門的知識を習得したのだから、儲かるとなれば知っていても平然と嘘をつけるんだな、と理解できるようになりました。
 早く世の中がまともになって、どんな過去の実績があろうと、目先の金儲けのために分かっていて嘘をついた「専門家」に対して、厳しい報いがくだるようなれば、少しは生きやすくなるかな、と思いました。

掲載時刻 23:01

2020年08月23日

千葉市中心部の駐車料金

 千葉市の中心部は、場所によって駐車料金が大幅に変わります。
 1ブロック違うだけで、単価が倍になったりします。
 かなり相場が分かってきましたが、最近、新たに気づきました。
 いわゆる「立体駐車場」のほうが、かなり駐車料金が安い、という事です。
 わざわざタワーを建てて、エレベーターも動かしているので経費がかかるように見え、高そうに思っていたのですが、逆でした。
 まあ、いずれも築30年以上、という外観なので、イニシャルコストは償還ずみだから安いのかも、などと勝手に想像しています。
 あと、「三井のリパーク」は相場に興味がないのか、目の前の駐車場の倍くらいの料金を平然と掲示しています。
 色々と駐車場を探していると、それなりの知識がつくものです。

掲載時刻 23:30

2020年08月22日

早食いをやめる

 子どもの頃から早食いでした。
 なぜそうなったかは覚えていません。ただ、嫌いなものは早食いしませんでした。
 だから、美味しいものを食べると、「もっとこの美味しさを味わいたい」という思いが発生して、早食いになったのか、などと自己分析しています。
 ただ、これが健康にいいわけはありません。特に、自分も50を越えました。このまま早食いを続けるのはいかがなものか、と思うようになりました。
 そこで、早食いをやめることにしました。具体的には、最初に口に入れたものを食べ終わるまで、新たに口に入れない、「ルール」を設定しました。
 実践したら、圧倒的に食べるのが遅くなり、一緒に食べていた相方に驚かされました。
 やってみた結果ですが、美味しいものを味わう時間が伸びた、という感じでした。そう考えると、お得感があります。
 いつまで続くかわかりませんが、当分の間、この「遅食い」を続けてみようと思っています。

掲載時刻 17:55

2020年08月21日

ヘイト放送局

 春に、NHKが人種差別に抗議するアフリカ系アメリカ人の方々に対する、差別扇動(ヘイトスピーチ)動画をネットに流す、という事件がありました。
 各所から批判されましたが、当初、NHKは無視していました。しかしながら、アメリカ大使がそれをツイッターで批判したところ、即座にヘイト動画は削除され、誠意の欠片もない「お詫び文」がサイトに掲載されました。
 その頃から、NHKはツイッターで、「戦時中に暮らしていた人がSNSをやっていたら」という企画を始めていました。
 8月になって、敗戦記念日が近づくにつれて露出度が上がっていました。ちょくちょく目に入ってはいましたが、一昨年あたりに上映されたアニメの質の低い焼き直し、くらいの印象しかありませんでした。
 ところが、敗戦記念日が過ぎた今週になって、本性を表しました。
 かつて大日本帝国に侵略され、国内に連れ込まれて酷い目にあっていた民族に対する差別扇動ツイートを連発し始めたのです。
 数ヶ月前のアフリカ系アメリカ人差別動画の事があるので、驚きはありませんでした。
 なるほど、この差別扇動(ヘイトスピーチ)投稿がしたくて、こんな企画を作ったのだろうな、と納得しました。
 公共放送が熱心にヘイトコンテンツを作り続ける、というのですから本当に世も末です。
 まあ、NHKは75年前、ラジオで嘘を流して戦意高揚を行った放送局だったわけですから、「本来の姿に戻った」というだけなのかもしれませんが・・・。

掲載時刻 22:48

2020年08月20日

西千葉で新規開拓

 千葉にでかけた相方と早めの夕食を取ることになりました。
 普通なら千葉で食べるところですが、駅のまわりはチェーン店ばかりです。
 そこで、一駅戻って、西千葉に行くことにしました。
 この駅のまわりは、地元の店が色々あり、ネットの発信も豊富で、いくつか気になる店があります。
 そのなかで、特にネットに美味しそうな写真を出している世炉思食という店にしました。
 期待どおり、美味しい料理がたくさん出ました。特に、温かい豆腐をアオサ海苔に浸した「アオサ豆腐」は、こんな食べ方もあったのか、と驚くと同時に感心しました。
 ただ、やはりコロナで大変なようです。自分たちが最初の客だったのですが、来店を知った店員さんの表情は本当に嬉しそうでした。
 昨年まで、店に入った時に、店員さんのこのような表情をしたのは見たことがありませんでした。
 我が家も裕福というわけではないので、なかなか「食べて応援」を続ける事はできません。やはり、政府や自治体がこのような店が続けられるよう、しっかり補償しないと、大きな損失になるな、と改めて思いました。

掲載時刻 21:53

2020年08月19日

「怒り」の功罪

 「怒る」というのはある意味非常に便利な行為です。
 顔を真赤にして怒鳴り散らせば、どんな非常識や非論理的な事を言っていても、相手は引いてしまい、怒った人の主張がその場では通ってしまいます。
 負ける可能性があるとしたら、相手も同じように怒り出して暴力沙汰になって殴り負けてしまうくらいしかありません。
 ただ、その場では「勝利」できますが、長期的に見ればどうなのでしょうか。
 繰り返せば、「あの人は、どんな正論を言われても気に入らなければすぐに怒り出すから、どんなに有益でも、気に触ることは言わないようにしよう」となってしまいます。
 その結果、人として向上する機会は怒れば怒るほど減るわけです。
 ちなみに自分もたまに感情的になってしまうことはあります。そういう時は、相手ではなくて、壁などに向かって、声を出さずに怒りを発散します。
 そうすると、不思議に冷静になり、思考力も戻り、相手にも迷惑をかけずにすみます。
 というわけで、この「エア怒り」を重宝しています。

掲載時刻 23:31

2020年08月18日

水分補給しながら通勤

 昨日のこと、いつもどおり自転車で出勤したのですが、あまりの暑さに、汗だくになりました。
 職場に着いて、即座に水分補給を行ったのですが、あまりにも喉が乾いていたため、勢いよく飲みすぎ、胸が痛くなってしまったほどでした。
 そこで今日から、水筒持参で通勤することにしました。
 途中二箇所で休憩をとって給水したのですが、500cc入りの水筒は空になりました。
 自転車通勤をはじめて7年経ちますが、こんな経験は初めてです。改めて、年を追うごとに温暖化が進んでいる事を実感しました。

掲載時刻 23:46

2020年08月17日

軒先に朝顔

 近所の家の前に、朝顔の鉢植えが置いてありました。
 その家には小さい子どもさんがいます。たまに出会うと、挨拶します。
 近所に引っ越して来た時は、まだ幼稚園入園前、というくらいに小さかったと記憶しています。
 それが夏休みに朝顔を育てるようになった、という事は、小学校に入った、という事なのでしょう。
 ついこの前、引っ越して来たという感じだったのですが、実はもう数年経っていた、という事に気づきました。
 改めて、年をとればとるほど、時の流れが早まる、という事を感じさせられました。

掲載時刻 22:20

2020年08月16日

幕張ベイパークに行く

 美浜区で最後に残った広大な空き地だった「幕張ベイパーク」に行きました。
 すでに三棟ほどマンションが完成し、入居も始まっています。
 さらに新たなマンションも建設中で、そう遠くないうちに、高層マンションが立ち並ぶのでしょう。
 地図では知っていましたが、ユニークな形の道路と、その真中にある公園が独特の風景を作っていまいした。
 もうあれだけ建物を造りつくし、朝の京葉線はギュウギュウなのに、なぜこんなマンションを作るのだろうか、と思いました。
 その一方で、この近隣には多くの空き家があります。
 改めて、「開発とは何なのか」と問いたくなった、幕張ベイパークの風景でした。

掲載時刻 22:15

2020年08月15日

夏休み終わる

 世間より一日ほど早いのですが、夏休みが終わりました。
 こういうご時世なので、短時間の里帰りをした以外は、ほとんで家の中で過ごしていました。
 もっとも、コロナがなくても、この猛暑なので、同じように過ごしていた可能性は高いのですが…。
 とりあえず、心身にこびりついていた色々な疲労要因をかなり取ることができたように感じています。
 充電したエネルギーを無駄遣いしない程度に、引き続き頑張っていければと思っています。

掲載時刻 22:34

2020年08月14日

「つれづれの乗換案内」を二年ぶりに更新

 東京で働いていた時に作ったつれづれの乗換案内虎ノ門・虎ノ門ヒルズを掲載しました。
 2年ぶりの更新です。
 最近は都内で地下鉄に乗る機会もめっきり減りました。それだけに更新は困難になっています。
 とはいえ、更新を諦めたわけではありません。
 そう遠くないうちに、「築地・新富町」を掲載する予定は立っています。
 そして、残った新宿・渋谷・池袋の三大ターミナル、さらには、13年前にこのブログを立ち上げた時からの究極目標である「大手町の乗り換え案内」も、いつの日か、完成させたいと思っています。
 なお、今回の更新にあわせ、こちらのブログも、ワードプレスに切り替えました。あわせてよろしくお願いいたします。

掲載時刻 21:37

2020年08月13日

いらない物を見る必要性

 通販の利用が増えた上に、コロナ禍で外出が減ったので、店に行く機会が大幅に減りました。
 そんななか、通販では間に合わない買い物の必要が生じ、久々に津田沼にある量販店に行きました。
 買い物はすぐに終わったのですが、店が空いている事もあり、ノートパソコン売り場を見て回りました。
 購入の予定は全然ないのですが、見ていると、「今はこの価格帯はこのスペックなんだな」という情報がわかります。
 色々な人に頼まれて、今年に入ってからも4台くらいパソコンは買っているのですが、予算と要望で、何を買うかはすぐに決まってしまいます。
 それだけに、このようにさまざまなスペック・価格のパソコンを見る、というのは久しぶりで、かつ有益な情報を得ることができました。
 続いて、同じ建物にある本屋に行きました。
 本屋の場合、通販による代替はもちろんですが、それ以上に、近隣諸国への差別扇動本や、詐欺まがいの内容の本が並んでいる、というのが嫌で、量販店以上に行かなくなりました。
 ただ、そこの本屋は、一部の分野に特化しており、その類の本は一切ありません。
 それだけに、安心してめぐる事ができました。同時に、「へえ、今はこんなのが流行しているんだ」と、これまた自分に必要のない分野の情報を入手することができました。
 やはり、たまにはこうやって、買う予定も必要性もないものを見て歩く、という事は必要だな、と思いました。

掲載時刻 21:02

2020年08月12日

それでは安くならない

 以前、お世話になった方から、携帯を買い替えた際に「安くなるから」とインターネット回線とプロバイダの契約を変えたが、既存の回線・プロバイダの解約の仕方がわからない、という相談を受けました。
 そこで、お伺いして、プロバイダ契約をオンラインで解約しました。NTTフレッツ光のほうは時間外だったので、明日電話して解約するよう、お話しました。
 履歴を見たら、回線を変えてから、一ヶ月以上は経っていました。したがって、7月と8月は二重払いになっていたわけです。
 契約を変えて少々安くなったぶんなど、それだけで吹っ飛んでしまいます。
 このように、高齢者が携帯ショップで言いくるめられ、不要な回線契約をさせられた事例を何度も見てきました。
 この人の場合、自分のような頼める人がいたから良かったわけです。しかし、そういうつてがなく、二重払いをずっと続けている高齢者もいるのではないでしょうか。
 回線変更を売り込むなら、既存の回線・プロバイダの解約まで、責任を持ってやるべきです。それもせずに、高齢者相手にたいして安くもならない回線を売りっぱなしにする、というのは悪徳商法と言っても差し支えないレベルだと思います。
 毎度のことですが、日本の有名企業のモラル崩壊ぶりに呆れてしまいました。

掲載時刻 19:00

2020年08月11日

暑い日の冷麺

 今日は猛暑でした。
 県庁の方で用事が発生したので自動車ででかけ、ちょうど昼時だったので外食することにしようとしたのですが、エアコンのかかった車内にいるにも関わらず、暑さで食欲がわきません。
 どうしようかと思ったのですが、かつて千葉中央駅の近くを歩いている時に前を通り、一度行ってみようと思った韓国料理店の事を思い出しました。
 そこで冷麺を食べることを想像したら、食欲も出てきました。
 出てきた冷麺は普通に美味でした。先程の食欲不振が嘘のように、酢を足しながら一気に食べてしまいました。
 店員さんはいずれも韓国出身と思われる方でした。
 お勘定の際、店長さんが自分のマスクシールドを見て、笑顔で自分のマスクシールドを指差し「同じね」と声をかけてくれました。
 個人営業店ならではの心の休まる「接客」まで楽しむことができ、嬉しく思いました。
 また行って、今度はがっつり韓国料理を楽しみたいものだと思いました。

掲載時刻 22:36

2020年08月10日

わかりにくすぎる商品名

 OCNのプロバイダ契約をすることになりました。
 NTTコミュニケーションズのサイトを見たのですが、サービス一覧を見ると、似たような名前ばかりが並びます。
 こちらが必要なのは、回線契約のないプロバイダのみのものです。しかしながら、回線込のサービス名と名前が似すぎていて区別がつきません。
 途中まで準備を進め、回線込である事に気づき、やりなおしをしたほどでした。
 プロバイダのみで契約したい人に、間違えて回線込みで契約させたい、という意図でもあるのだろうか、とまで思ったほどでした。
 大手通信系会社の、このような、詐欺の一歩手前のような金儲け方法は本当に異常です。もし海外からまともな会社が参入できるような状態になったら、日本の通信企業はあっという間に壊滅するだろうな、などと思っています。

掲載時刻 22:55

2020年08月08日

「相手より上」と思うことの弊害

 他人との位置関係にこだわり、「あいつが自分より上などと認めない」などと言う人がいます。
 人間の能力はいろいろな要素があります。それを全て上回るなど絶対に不可能です。
 にもかかわらず、「自分はこの相手より上」という考えを維持しようとするならば、相手の長所を一切見ないようにするか、不当な手段を使って、相手を失脚させるよりなくなります。
 そんな無理をするくらいなら、「自分のほうが上」という考えを捨てたほうがずっと楽だしリスクも低いと思います。しかし、それができず、結果として自滅した事例をなんどか見ています。
 学校で「みんな平等」という事を観念的には習います。それをもっと具体的に教えるようにすれば、このように上下関係にこだわったり、その結果自滅する人は減るだろうにな、と思っています。

掲載時刻 21:15

2020年08月07日

ちょい呑み

 出先での会議から電車で直帰することになりました。
 駅に行く途中に、一度飲みに行って、酒も料理も美味しかった小料理屋がありました。
 今日は家で相方が夕食を用意しているのですが、前回の事が忘れられず、ついつい寄ってしまいました。
 もちろん、相方が用意した食事を無駄にするわけにはいきません。そこで、お酒2杯、つまみ2品だけ楽しみ、短時間で退散しました。
 大学生の頃から、飲み屋に行けば、ガンガン飲んでいました。
 それだけに、自分もこんな「ちょい呑み」をするようになったのだな、と我ながら感心しました。
 そして帰宅後は、予定通り相方が用意してくれた夕食を楽しみました。

掲載時刻 23:52

2020年08月06日

カナブンの就寝を目撃

 寝ようとしたら、部屋にカナブンが入ってきました。
 その名の通りブンブン飛んでいたのですが、途中で、布団の脇に落ちてきました。そして、足をかすかに動かしています。
 「寿命がつきたのだろうか。さっきまで元気に飛んでいたのに、もしかしてあれは、『燃え尽きる前に炎が大きくなるろうそく』みたいなものだったのだろうか」などと思いながら、そのまま寝ました。
 翌朝起きたら、昨晩のカナブンの姿はありませんでした。つまり、あれは眠りに入っていたわけです。
 なるほど、昆虫はああやって寝るのだな、と納得しました。その「就寝」を見れたのは、かなり貴重な体験なのかも、と思ったりもしました。

掲載時刻 23:40

2020年08月05日

一瞬で実力を見抜く

 自分の大好きな漫画に、ヒカルの碁があります。
 ただ、その中の描写で一つ不思議な事がありました。
 ライバルキャラである塔矢アキラをはじめ、多くのキャラは、初めての相手と碁を打つと、序盤のかなり早い段階で、相手の実力を見切ります。
 自分は碁は超初心者ですが、将棋はそこそこ指します。しかし、将棋ではよほど弱い人でなければ、序盤の早い段階で実力を見切るなど、少なくとも自分には絶対にできません。
 囲碁でも定石を知っていれば、序盤で見切られることはないのでは、と素人ながら不思議に思っていました。
 しかし、この前、とある「システム管理担当者」とちょっとやりとりした時は、この「序盤の早い段階で、実力を見切る」の意味がわかった気分になりました。
 そのくらい、話にならないレベルのPCスキルであることが短時間でわかってしまいました。
 将棋は子どもの頃から指し続けていますが、対局においては趣味でしかありません。一方、PCシステムについては、専業でやったのは15年ほどですが、その間は苦労しながらも「プロ」として頑張ってきました。
 その違いなのだろうな、とある程度納得できました。同時に、あのようなレベルの人間が「システム管理者」で大丈夫なのだろうか、と交渉相手の事がかなり心配になりました。

掲載時刻 21:17

2020年08月04日

知性の減退

 大阪府知事が「イソジンは新型コロナウイルスに有効」というような発言をTVでした直後、多くの人が薬局でイソジンを買い、品切れになったそうです。
 大阪府・大阪市は、この新型コロナ発生以降、感染防止でも経済対策でも失敗しまくっています。
 ところが、テレビではその大阪府知事を散々もてはやしています。そのため、このような医学的根拠のない戯言も無批判に報道して、それに影響を受けてしまう人が多数出てきたわけです。
 少なからぬ「政治家」やマスコミから「知性」が失われてしまったからかなり経ちます。それがこのような異常事態を招いたわけです。
 もちろん、頑張って変えるしかないのですが、さすがに今日はげんなりしました。

掲載時刻 23:56
Powered by
Movable Type 2.661