最近の更新
サイト内検索
Google


www.jakushou.com を検索
WWW を検索
カウンタ
  • アクセスカウンタ合計の来訪者数
  • 昨日アクセスカウンタ昨日の来訪者数
  • 本日アクセスカウンタ本日の来訪者数
翔みならの作品とつぶやき
ご案内

2017年08月19日

チキン南蛮と鶏南蛮

 鶏南蛮そばというメニューがあります。自分は食べたことがないのですが、色々な情報を見ると、つゆに鶏肉とネギを浮かべた蕎麦であることが分かります。
 一方、宮崎の郷土料理にはチキン南蛮というものがあります。こちらは、鶏肉の唐揚げにタルタルソースをかけたものです。
 鳥とチキンは同じ意味の言葉のはずですが、なぜか似ても似つかない料理になってしまっています。
 自分は大きなネギとタルタルソースはあまり好きでないので自分では試せませんが、だれか、鶏南蛮そばとチキン南蛮を一緒に食べる、みたいな事をやってみてほしいものだ、などと思ったりしました。

掲載時刻 22:09

2017年08月18日

粘らない納豆

 行きつけの近所にあるスーパーで、その店のプライベートブランドである納豆を買いました。
 それを食べようとしたのですが、豆がパラパラしていて、粘り気がほとんどありません。
 45年以上納豆を食べ続けていますが、こんな粘り気のない納豆は初めてでした。
 これまでも、同じブランドの納豆を何度も食べていましたが、このような事はありませんでした。
 たまたま、失敗作が紛れ込んだのでしょうか。それとも、このスーパーが方針を転換して、「粘らない納豆」をプライベートブランドにしたのでようか。
 気になるところなので、もう一度だけ、このプライベートブランドを試してみようと思っています。もちろん、二度目も「粘らない納豆」だったら、それでお別れにするつもりです。

掲載時刻 20:53

2017年08月17日

「現実」を作る人

 理不尽な現状を何とかしようとする人に対し、「でもそれが『現実』だから…」と冷笑する人が多々います。
 その人にとっては、「現実」というのは、人間がどうこう抗ってもどうしようもない、絶対的なもの、という認識なのでしょう。
 しかし、本当にそうなのでしょうか。
 実際に理不尽な「現実」を作り出したのは人間です。
 政治権力や財力などを使って、「現実」を産み出したわけです。
 逆に言えば、同じように人間が動けば「現実」を変えることも可能です。
 実際、歴史を見れば、そのような「民衆の力で現実を変えた」という事例はいくらでもあります。
 というわけで、どんな事があっても、「これが現実だから」と諦めたり冷笑したりするような立場にだけは立つまい、と強く思っています。

掲載時刻 22:04

2017年08月15日

いくさ始まる柳条湖

 日本史の授業と言うと、「事件が起きた年を語呂合わせで覚える」を経験した人は多々いると思います。
 「794ウグイス平安京」とか「1192作ろう鎌倉幕府」といったたぐいです。
 率直に言って、平安京ができたのが794年だろうと795年だろうと意味があるのかとか、本当にウグイスが鳴いていたのか、などと中学生当時の自分は思っていました。
 ところが、高校三年の時に受けた日本史の授業で教えられた語呂合わせには、強く感心させられました。
 それは、「いくさ(193)はじ(1)まる柳条湖」および「いくさ(193)な(7)がびく盧溝橋」というものです。

続きを読む "いくさ始まる柳条湖"
掲載時刻 16:48

2017年08月14日

掃除

 夏休みを利用して掃除をしました。
 放置しているものをより分けます。大半はいらないものですが、中には、探していたもの、もう使い切ったと思って補充するつもりだったものなどもありました。
 また、時間ができたら読もう、と思って溜めておいた定期刊行物もありました。読むと、色々有意義な事が書かれており、中には「もっと早く読んでおけばよかった」と思ったものもありました。
 部屋もきれいになったし、やはり掃除してよかったな、とつくづく思いました。
 ならば毎週の休みの日にやればいいのでは、となるわけですが、なかなかそうはいきません。
 とはいえ、せめて月に一度くらいは、このくらいきれいにしたいものだ、と思っています。

掲載時刻 17:57

2017年08月13日

「優れた監督」の条件

 ツイッターのトレンドにある甲子園出場校の方針が上がっていました。その学校では、早朝から深夜まで半強制的に練習させるうえに、野球部に入部すると携帯は解約で、選手はかき氷を食べてはいけない、などと、昔で言うところの「スパルタ式」を売りにしているとのことです。
 呆れる人が多い一方で、「でもそれで不良高校を甲子園に出場させたのだからいい監督だ」みたいな擁護する論調も少なからずありました。

続きを読む "「優れた監督」の条件"
掲載時刻 15:35

2017年08月12日

ビッグサイト価格

 ビッグサイトで食事をしました。
 開業以来、毎年盆暮れにはここで食事をするのですが、意外に入れ替わりが激しく、数年で八割が入れ替わる、という感じです。
 長年、愛用していたインドカレー屋があったのですが、そこも撤退し、昨年あたりから「C&C」という別のカレー屋になっていました。
 このカレー屋は、学生時代から馴染みがあります。京王線沿線にある大学に通っていたのですが、いくつかの駅ナカに、京王電鉄が出資しているこのカレー屋があったからです。
 そのリーズナブルさを覚えていたのですが、このビッグサイト店に入った時は驚きました。ビーフカレー一皿で千円もしたからです。
 「そんな高級カレーを扱っていたっけ?」と不思議に思ってそのビーフカレーを食べたのですが、味は駅のスタンドと何ら変わりませんでした。
 そして、あとでサイトを確認したら、スタンドでは同じビーフカレーを590円で売っていました。
 どうやら、ビッグサイト店特別料金だったようです。
 かなりの利益になると思いつつ、ではなんで、ビッグサイトに出店しているレストランの入れ替わりヒャこんなに激しいのだ?、と不思議に思いました。
 それだけ、出店料金が高いという事なのでしょうか。興味深い所です。

掲載時刻 23:54

2017年08月11日

2017/8/11の更新

 翔みならブログ・めもちょうに、コミックマーケット92のお礼を掲載しました。

掲載時刻 19:21

五輪でのビッグサイト使用不能

 コミケにサークル参加しました。ブースで、四半世紀ほど、サークル参加を手伝ってくれている大学時代からの友人と、2020年東京五輪における、ビッグサイト使用不能問題で盛り上がりました。
 この広大なビッグサイトを五輪のメディアセンターにして、展示場機能を停止するそうです。
 それで一年以上、ビッグサイトが使えなければ、このコミケはもちろんですが、様々な展示会に重大な悪影響を及ぼします。

続きを読む "五輪でのビッグサイト使用不能"
掲載時刻 19:18

2017年08月09日

2017/8/9の更新

 翔みならブログ・めもちょうに、夏コミおしながきを掲載しました。

掲載時刻 14:32

新パターンの接続障害

 突然、ネットが繋がらなくなりました。
 原因が無線ルータにあることはわかったのですが、どうしても治りません。
 万策つきたところで、ルータに設定されていたプロバイダ情報のパスワードを入れ直しました。
 率直に言って、自分でもこれで治るとは思っていませんでした。まあ、やらないよりはマシか、という気持ちでした。ところが、なんと、これが正解で、再接続することができました。
 20年以上インターネットを使い、自宅・業務をあわせ、100回以上の接続障害に対処してきましたが、このような形で治ったのは初めてのことでした。
 ルーターの一時的な不具合だったのでしょうか。改めて、障害には様々な原因と治し方があることを、再認識させられました。

 
掲載時刻 14:30

2017年08月07日

「当たり前の事を当たり前にできない」理由

 以前、仕事関係のメール過去ログを見ていたら、基本的な箇所でミスをした人に対し、「当たり前の事を当たり前にできなかった理由を教えてください」と叱責している人がいました。
 このような経験は自分もよくあります。今日も、長年やっており、かつ作業時間10分でできることを、本来やるべき日から一週間遅れてやっと行った、という事がありました。
 なぜそのような「当たり前の事が当たり前にできなかったか」というと、それは疲れと多忙によるものです。逆に言えば、そのような要因がなければ、当たり前にできているに決まっています。
 それもあり、他人に「当たり前の事を当たり前にできなかった理由を教えてください」などと言う人に対しては、そんな無意味な叱責をする前に、まず自分の仕事の割り振り・管理が杜撰だったと反省するのが先だろう、といつも思っています。

掲載時刻 20:55

2017年08月06日

稲毛区轟町をサイクリング

 所用で稲毛区轟町を自転車で走り回りました。自動車や宣伝カーでは何度か行った事がありましたが、自転車で行くのは初めてです。
 集合住宅・学校などの大きな建物がある一方、昔ながらの民家が建っている、という色々なものが混在した町並みでした。
 不思議だったのは、「轟町」という名前の由来です。
 「等々力駅」や「驫木駅」のように、「とどろき」という名前を持つ所は、滝や海などの音が「とどろく」事が名前の由来となっています。
 しかし、この街には、海や滝はもちろん、小川すらありません。いったい、何が「とどろいて」いるのか、と不思議に思いました。
 あとでネットで調べたところ、かつてこの地域に、軍隊による鉄道施設があり、そこでの音が「とどろいて」いたというのが由来だと書かれていました。
 自然現象に比べるとかなりショボい由来です。
 とはいえ、戦争が終わり、その後70数年間平和国家が続いているわけです。おかげで、この街に「とどろく」事がないというのが実態です。
 そんな事を考えながら、これからも「とどろかない轟町」で有り続けてほしいものだと強く思いました。

掲載時刻 21:37

2017年08月05日

99%の努力と1%のひらめき

 発明王のエジソンが言った「天才は99%の努力と1%のひらめき」という有名な台詞があります。
 この言葉、色々と解釈されています。
 自分的には、エジソンの台詞については、「自分は多大な努力をし、その積み重ねの上に、誰もが思いつかないようなひらめきを得て、様々な発明をした」という意味なのだろうな、と思っています。

続きを読む "99%の努力と1%のひらめき"
掲載時刻 21:45

2017年08月03日

AI雑感

 中国で作られたAIがSNS上で政権を批判し、公開停止になったというニュースがありました。
 個人的には、そのAIに共感したいところです。しかしながら、AIを作成した側としては「大失敗」したと言わざるをえないでしょう。
 同様に、1年ちょっと前に米マイクロソフト社がAIをツイッターに公開した所、短時間でナチスを信奉するようになった、という事例もありました。
 将棋や囲碁のようなゲーム専用なら、たしかにAIが人間を上回りました。しかしながら、社会生活を送る、という事においては、これがAIの現時点での到達です。
 にも関わらず、一部には、「これからはAIが進歩するから働き方が変わる」などという前提で「働き方改革」を行うのは、完全に間違っていると言わざるを得ません。
 そのような違和感を、昨今のAIに関する報道から感じています。

掲載時刻 20:23

2017年08月02日

修理のほうが買い替えより安い理由

 職場の人から、自宅のパソコンのキーボードで、一部のキーが入力できなくなった、という相談を受けました。
 そこで、外付けキーボードを購入する事を助言したところ、あっさり問題が解決しました。
 相談した人は、キーボードを修理して使い続ける事を念頭に置いていたようです。
 しかしながら、修理代を考えれば、この解決策が最善であることは明白です。

続きを読む "修理のほうが買い替えより安い理由"
掲載時刻 22:51

2017年08月01日

2017/8/1の更新

 トップ絵を更新しました。
 翔みならブログ「めもちょう」を更新しました。

掲載時刻 22:18

2017年07月31日

「電車一本」の定義

 朝日新聞に京都から電車1本でカジノへ 京阪中之島線の延伸構想という記事が載りました。
 少なくとも現時点では、日本国内にカジノを作るのは違法なのですが、そんな事をおかまいなしです。
 そして、カジノが合法化された時に生じる問題などは何一つ指摘せずに、「京都から一本でカジノに行ける」事を朗報であるかのように書いています。
 というわけで、どこをとっても、救いようのないダメな記事です。
 そのようなツッコミどころ満載の記事なのですが、それに劣るとも勝らないほどひどいのはこの見出しです。
 記事には、「京阪中之島線を、地下鉄中央線の九条駅まで延長する」としか書かれていません。
 ちなみに、京阪と地下鉄中央線は集電方式が違うので、直通運転は不可能です。
 したがって、万が一この構想が全て実現したところで、「京都からカジノまで電車一本で行く」は実現しません。
 にも関わらず、こんな見出しをつけた記者とそれを通した上司は何を考えていたのでしょうか。以前から感じてはいたのですが、朝日新聞の劣化ぶりに心底呆れました。

掲載時刻 23:13

2017年07月30日

ニャン孫の判断

 自転車でニャンマンションの前を通ったら、ニャン孫が食事をしていました。
 近くに自転車を止めましたが、何ら反応せずに食事を続けていました。さらにスマホで写真を撮ったのですが、これにも一切反応しません。
 ところが、10mほど離れた道で、足音が聞こえました。すると、ニャン孫は即座に顔を上げ、そちらのほうを見ました。
 そして、歩いている人が無害だと判断すると、再び食事をはじめました。
 ということは、自分が自転車で接近した時は、即座に「これは、友達だから、食事を続けて大丈夫だ」と判断した、という事になるわけです。
 その認識力と判断力に感心させられました。
20170729_095939.jpg 20170716_184716.jpg 20170616_201500.jpg

掲載時刻 21:42

2017年07月28日

親不知を抜く

 左の親不知を抜きました。
 数年前から、軽い虫歯になっていたのですが、なんとか進行を抑えていました。
 わざわざ、親不知を磨くための小さい歯ブラシまで買ったのですが、磨き方にスキがあったようで、最近になって、進行が進み、ついには痛みを感じるようになったので、抜くことにしました。
 抜歯は、予想よりあっさり終わりました。これを書いている時点ではまだ麻酔がきいており、口の感覚が戻っていません。
 明日になれば、喪失感が生じるのだろうか、などと思いました。

掲載時刻 21:08

2017年07月27日

信号無視vs信号無視

 交差点で信号待ちしていました。
 ちょうど信号が切り替わる時だったのですが、交差点に入る時点で既に黄色から赤になっていたにも関わらず、自動車が突っ切ろうとしました。
 すると、まだ信号が青になっていなにも関わらず、自転車がその前を横切りました。自動車は急停止し、悔し紛れにクラクションを鳴らしていました。
 率直に言って、どちらも信号無視していたわけです。その結果、事故の一歩手前状態が発生しました。
 自転車も自動車も乗る身として、改めて、信号を守る必要性を痛感させられた一件となりました。

掲載時刻 21:40

2017年07月25日

土用丑の日

 今日は土用丑の日だったようです。
 鰻の蒲焼きは好物の一つです。しかしながら、我が家では鰻は食べませんでした。ワンパック1,500円近くもする絶滅危惧種を食べるなど、経済的にも動物愛護的にも、食べる気が一切生じなかったからです。
 今の、「儲かりさえすればいい」という考えのもとでは、早晩、鰻は絶滅するでしょう。考え方を根本から変えねば、これは回避できないと思っています。
 もしその回避が実現した日がくれば、土用丑の日で鰻を食べようかと思っています。

掲載時刻 22:26

2017年07月23日

祭りのBGM

 お祭りの屋台を手伝いました。
 自分が入った屋台は樹の前なのですが、その樹にはスピーカーが取り付けられていました。
 しかも、このスピーカー、絶えることなく音を出し続けているのです。
 もちろん、盆踊りなどが始まっている時は曲を流すのは当然です。しかしながら、何のイベントもない時も、大音量でBGMを流すのですからたまったものではありません。
 おかげで、屋台では、お客さんの注文が聞こえず、ジェスチャーで商品や代金を確認したほどでした。
 もちろん、周囲にお祭りをやっている事を知らせるのは大切だと思います。しかしながら、ここまでのべつ幕なしに大音量を流す必要があったのでしょうか。
 屋台の売上はそこそこあってよかったのですが、この騒音のおかげで、ちょっと疲れてしまいました。

掲載時刻 21:54

2017年07月22日

南が西武で北東武

 「東が西武で西東武(ひがしがせいぶでにしとうぶ)」という言葉があります。
 これは、池袋駅の東側に西武百貨店が、西側に東武百貨店がある、という名前と場所の矛盾(?)について述べたもので、色々な所で何百回もネタにされています。
 一方、船橋駅にも西武百貨店と東武百貨店が駅を隔てて建っています。
 こちらは、南口が西武で、北口が東武です。
 こちらも、矛盾(?)しているのですが、誰もネタにしません。
 ちなみに、東武百貨店は全国でこの池袋と船橋の二店舗しかありません(系列の東武宇都宮百貨店というのもありますが)。
 それが、いずれも駅を隔てて西武百貨店がある場所に立地、というのが偶然なのか、意識してなのか、気になりました。

掲載時刻 23:06

2017年07月21日

「のんある気分」を焼酎で割る

 ある昼のパーティに参加し、余った「のんある気分・レモン味」をもらいました。
 自分は酒好きですが、日中は基本的に飲酒しません。また、その際は、ノンアルコール飲料ではなく、お茶の類を飲むことにしています。
 それだけに、この貰った「のんある気分」の処遇には困りました。しばらく冷蔵庫に眠っていましたが、本日、画期的な(?)処理方法を思いつきました。
 それは、焼酎の割り下に「のんある気分」を使うことでした。実際、焼酎で割ったところ、普通のレモンサワーが完成しました。
 「のんある気分」の本来の用途から考えれば180度違う使い方ですが、自分にとっては最善の活用法だったな、と我ながら悦に入りました。

掲載時刻 22:47

2017年07月20日

ソニーの限定サイト

 ある人が所持していたソニーのノートパソコンを処分する事になりました。
 ソニーのサイトを開いて、手続きページへのリンクをクリックしました。すると、「このページはマイクロソフトのEdgeかIEでないと使えません」というエラーメッセージが出ました。
 自分が使っていたのは世界でも日本でもシェア1位のChromeです。それが使えない、というサイト設計をした、という事に驚きました。
 かつては、その高い技術力が評価されていたソニーですが、ここまで行き着いてしまったか、と驚きを隠せませんでした。
 ちなみに、ソニーは既にVAIOブランドを売却しており、パソコン製造から手を引いています。それも含め、日本の家電メーカーの凋落を感じさせられた一件となりました。

掲載時刻 15:37

2017年07月18日

 都内で雹が降ったそうです。ネットでは、その模様を収録した動画が多数上がっていました。
 30年くらい前、家にいたら、いきなり屋根から「パラパラパラ」という音が聞こえてきて、驚いた事がありました。そして、外に出たら、庭が氷の粒で覆われていました。
 あの時の驚きは、今でもよく覚えています。
 それだけ珍しい現象が、かなり広い範囲で行われたことに驚きました。
 山手線の駒込駅をはじめ、かなり被害も出たようです。改めて、自然現象の意外さや脅威に驚かされました。

掲載時刻 21:51

2017年07月16日

抽出したての美味しいお湯

 「安かろうまずかろう」系のファミレスに行きました。
 ドリンクバーでアイスコーヒーを飲もうとしたのですが、一見、本格的っぽく見えるコーヒーマシンが使われていました。
 機械の上にはコーヒー豆がガラス越しにセットサれていますが、ボタンを推しても、微動だにしなません。
 一方で、液晶画面には、「美味しいアイスコーヒー、抽出中」と表示されていました。
 もちろん、こちらも払った金額以上の品質など期待していません。というわけで、どうみても挽きたてとは思えないアイスコーヒーをすすりました。
 そして、おかわりをしようと、再度マシンにコップをセットしました。ところが、手が滑って、アイスコーヒーではなく、ひとつ下の「ティーポッド」というボタンを押してしまいました。
 すると、液晶には「美味しいティーポッド、抽出中」と表示されました。そして、コップにはお湯が注がれました。
 このドリンクバーには数種類のお茶っ葉が用意されています。それを淹れる時に押すのが「ティーポッド=お湯」なのです。
 もちろん、たんなる水道水を温めたものであり、抽出するものではありません。
 このコーヒーメーカーへの出費をケチった結果、このような手抜きプログラムで納品された結果なのでしょう。
 思わぬ押し間違いでしたが、あのコーヒー豆がハッタリである事が思わぬ形で証明されました。そういう意味でも、印象に残った「美味しいティーポッド、抽出中」となりました。

掲載時刻 21:14

2017年07月15日

館山に行く

[ ]

 所用で館山に行きました。
 三年前、弟と飲んだ時、「12月に友達と館山に観劇に行く」と楽しそうに言った事がありました。
 しかし、一緒に行く予定だった友人が当日ドタキャンし、結局、一人で館山に行く羽目になった、とあとで聞きました。
 そんな事を思い出しながら、目的地の建物に行ったら、非常に広い舞台がありました。館山にこんな舞台のある建物はそうはないだろうな、と思って調べたら、やはり一昨年、弟が観劇したのと同じところでした。
 弟の趣味に観劇はなく、その友達につきあってわざわざ館山まで行ったわけです。そんな話をした事を思い出しながら、三年前、弟はどんな思いで、このホールにいたのだろうか、などと思ってしまいました。

 
掲載時刻 21:06

2017年07月14日

少年漫画での蔑視表現

[ 漫画 ]

 先日の少年ジャンプに、女性蔑視的な絵が掲載され、大きく話題になりました。
 その批判に対し、一部の漫画好きな人が怒っていました。
 しかし、長年漫画を読んでいた身として言わせてもらえば、問題になった描写は、女性蔑視のみならず、漫画そのものとしても残念なレベルのものでした。批判されて当然と言わざるをえません。
 にも関わらず、感情的になって、その描写を擁護するのみならず、かつ批判者に対して事実と異なることまで使って口汚い言葉で罵る発言がネットに多発した事は、非情に残念に思いました。
 他の表現のみならず、漫画においても失敗することはあります。それはそれで認めたほうが、趣味の漫画を楽しむために必要なのでは、と強く思いました。

掲載時刻 23:31

2017年07月12日

赤潮

 ここ数日、千葉市周辺の海で赤潮が発生しています。
 そのため、風向きが変わると、腐臭に近い香りが海の方から漂います。
 出退勤の際に花見川を渡るのですが、水が普段と違う茶色になっており、異臭も漂っていました。
 極めて微小なプランクトンでも、大量死して腐敗すれば、ここまで影響をあたえるのだな、と驚きました。
 あと、千葉市の埋立地に海水浴場を作るという計画があることを思い出しました。普通に考えて、集客できるわけありませんが、この赤潮を見たら、こんな地域に海水浴場を作って集客などありえない、と思いを強めました。
 同時に、先程渡った花見川のあたりが、かつては海であり、その頃は、天然のきれいな海水浴場だった、という事を思い出し、時の流れを感じました。

掲載時刻 20:56

2017年07月10日

「酷使」と「美談」

 かつてのオリンピックで起きた、マラソン選手が熱中症になり、フラフラとなってゴールインした、という話をみました。
 当時のマスコミは、それを「美談」としてもてはやしたそうです。
 しかし、いくら本人が走る意思があろうとも、熱中症になったのが明らかならば棄権させるのが当然ではないでしょうか。
 その結果、重大な後遺症が残ったらどうなるのでしょうか。
 これは、高校野球などでもよくあります。怪我に耐えて出場することを「美談」にするのです。その結果、その選手が高校で選手生命が潰れる事が実際に起きているのですが…。
 古代ローマでは、人間同士を死ぬまで戦わせ、それを見物する、という「娯楽」があったそうです。当然、今の社会では許されない事です。
 しかし、このような「熱中症ランナー」や「怪我した高校球児」をもてはやす風潮を見ると、形を変えただけで、この古代ローマで残酷な協議を楽しんだという「人権感覚」は今の世にも引き継がれているのでは、と思えてきてしまいます。

掲載時刻 23:19

2017年07月09日

高校生時給

 ある時期から、バイト募集の掲示に、「高校生は時給50円(もしくは100円)マイナス」という但し書きがつくのが当たり前になりました。
 自分の大学生時代のバイト先にも高校生はいましたが、皆、同じ時給でした。ちなみに、当時はバブルによる人手不足が顕著で、高校生が初めて皿洗いしても時給1,000円でした。
 別に最近になって高校生の能力が落ちたわけではないでしょう。単に、弱い立場だから、時給を下げているだけ、と言わざるをえません。
 高校野球のスター選手などを見れば、明らかに、並の大人より身体能力は上です。それでも、バイトすれば「高校生時給」になるのでしょうか。
 こういう細かいところでも「ブラック化」が進んでいるな、ととある店に貼ってあったバイト募集を見て思いました。

掲載時刻 18:49

2017年07月08日

カエルが並ぶ

 最近はご無沙汰していますが、以前、サッカーの愛媛FCの試合をよく観戦していました。
 愛媛FCには「一平くん」というカエルのマスコットキャラ(※厳密には違うのですが、ややこしいので詳細は省略します)がいます。
 そのユニークなキャラが気に入り、派生キャラを含め、我が家にはカエルのぬいぐるみが四体あります。
 さらに、夏になって害虫対策として、カエルをイメージキャラクターとした防虫グッズを購入しました。
 その結果、狭い我が家に、五匹ものカエルが鎮座することになりました。
 せっかくなので、並べて記念写真を撮ってみました。なかなか壮観でした。
 これからも、我が家の癒やしや防虫に活躍していただきたいものです。
20170708.jpg

掲載時刻 22:02

2017年07月06日

猫の▲2六歩

 藤井四段ブームに便乗したのか、将棋盤の前に座った猫が、将棋の「初手▲2六歩」を指す、という動画がTwitterに投稿され、大量RTされています。
 自分は、長年将棋を指し、また、猫と遊んでいます。
 それだけに、この動画にはかなりの違和感がありました。
 普通に考えて、この動画が自然な形で撮られたとは思えません。
 もし強制的にやらせていたら虐待に近いと思います。
 さすがにそれはなく、合成画像か何かなのだろう、と思いはしました。
 とはいえ、気持ち悪さは残ったので、発表していたTwitterアカウントは「ブロック」し、二度とそこの動画は表示されないようにしました。

掲載時刻 22:04

2017年07月04日

ホーム要員を客に依頼?

 改札前に設置されているテレビに、「障がいのある人へのサポートのお願い」という感じの映像が流れていました。
 要は、ホーム上で困っている方、特に障がいのある方を見たら、介助してくれ、と客に呼びかけているのです。
 もちろん、駅だろうと道端だろうと、そのように困っている方を見たら助けるべきだと思います。
 しかし、それを鉄道会社が客に呼びかけるというのはどういうことなのでしょうか。
 乗客の安全を守る最大の責任者は鉄道会社です。しかしながら、これまで、鉄道会社はホーム要員を減らし続けてきました。

続きを読む "ホーム要員を客に依頼?"
掲載時刻 16:15

2017年07月03日

都内勤務終了

 二週間にわたった都内勤務が終わりました。
 久々にいつもの職場に出勤しました。向こうでも、大変お世話になり、気遣ってもらえましたが、やはり「ホーム」のほうが居心地はいいなと思いました。
 それはともかく、この二週間、平井という町をくまなく歩き回った事で、色々と新たな発見がありました。
 いろいろ、貴重な経験をすることもできました。
 居心地の良さはまた別ですが、またこのような経験をしたいものだと思っています。
 なお、二週間頑張った事で、当初の目的を達することもできました。これも嬉しいことでした。

掲載時刻 23:47

2017年07月01日

踏切トラブル

 近所の踏切でトラブルがあった、というニュースを見ました。自分も、自転車で何十回も通っているいる所です。
 なんでも、バイクで事故処理現場へ急いでいた警官が、途中で警報機が鳴ってしまい、立ち往生してしまったとのことでした。
 該当する場所は、総武線各駅・京成の上下線と総武快速の上り線が走っています。駅前ではないので「開かずの踏切」ではありませんが、かなりの頻度で警報機が鳴ります。
 現場に急ごうとしていただけに、このようになってしまったのでしょう。
 ちなみに、この踏切を廃止して地下道を作る予定があり、途中まで工事は進んでいました。しかしながら、財政難などで中断され、「工事現場の跡地」が遺跡のように残っています。
 交通量を考えると、地下道を作る必要は確かになかったと自分も思っています。ただ、地下道ができていれば、このようなトラブルはなかったわけです。
 そんなことを思わされた、トラブル報道となりました。

掲載時刻 23:23
Powered by
Movable Type 2.661