2019年02月16日

幕張駅に特急

 幕張駅前を通ったら、ホームに特急電車が止まっていました。
 同じ幕張でも、京葉線の海浜幕張駅は特急停車駅です。
 しかしながら、総武線の幕張駅は特急どころか快速も通過する駅です。
 そういう事もあり、回送だとは分かっているのですが、ちょっと驚きました。
 ちなみにこの特急が停まっている幕張駅2・3番線ホームはほとんど使われていません。日頃から、ちょっと勿体無いと思っています。
 それだけに、何か目的があって特急電車を止めたのならいいのだが、などと思ったりもしました。
20190215_143052_HDR.jpg

2019年02月14日

社員寮の跡地

 通勤経路の道端に、人の住んでいない集合住宅があります。
 見た目は小洒落たマンションで、手入れもされているのですが、入り口はしまっており、人の気配もありません。
 近所の人に教わったのですが、そこは、海浜幕張にあるホテルの社員寮だったそうです。そのホテル自体は今でも普通に営業しています。
 よく、訪日客が増え、ホテルの稼働率は極めて高い、というニュースを見ます。
 ならば、このような外観もよく、かつ通勤に便利な寮は、有効活用すべきだろうと部外者としては思うのですが、経営的にはそうではないのでしょうか。
 詳しい理由は分かりませんが、やはり、非正規の割合が増えている事と関係があるのだろうか、などと思いながら、今日も真っ暗な「社員寮跡地」の前を通り過ぎました。

2019年02月12日

値段が不明な「お得」

 携帯キャリアの会社から、「お得に機種変更できる」というダイレクトメールが送られてきました。
 手紙で送ってきたにも関わらず、申込書は入っておらず、電話をかけて申し込んでほしい、と書かれていました。
 しかも、「お得」と書いてあるにも関わらず、購入を勧めている携帯電話の値段が書かれていませんでした。
 携帯キャリアの名前が書いてなければ、インチキ会社による詐欺商法だと断言できてしまうレベルです。

 もっとも、別に驚くことはありませんでした。
 これまで、携帯キャリア会社が、機種変更などをしにきた客に対し、詐欺まがいの売り込みで、不要なサービスを契約させた例は山程知っているからです。
 もはやすっかり、「客を騙す」というのがビジネスの基本となってしまっているのでしょう。
 日本経済は相変わらず落ち込む一方で、消費は減り続けています。そんななか、有名企業が、インチキ会社のレベルに堕ちる事例は他にも色々と聞いています。
 改めて、今の企業や経済の異常さを認識させられたダイレクトメールでした。

2019年02月11日

中一日でまた雪に

 一昨日に続いて雪になりました。
 一昨日は、雪を警戒して、自動車や自転車で移動する予定だったのを、全て電車移動に変えました。
 一方、今日は、前回電車移動に変えた意味があまりなかったのと、予報では午後にはやむと出ていた事もあり、自転車で移動しました。
 向かい風だったので、雪が顔に当たってくるのはかなり大変でした。そして、当然ですが、眼鏡の曇りも普段以上です。一度、ガードしたで自転車を止め、眼鏡を拭いたほどでした。
 とりあえず、問題なく移動できて一安心でした。とはいえ、やはり雪の日の移動方法は慎重に考えねば、と反省もさせられました。

2019年02月10日

専門店で焼きたてパンを食べる

 早朝から用事があってでかけました。
 ひと仕事終えて、7時をちょっと過ぎ、職場に戻る途中に、パン屋さんがありました。
 以前、一度食べたところ、かなり美味しかった店でした。その時、開店時刻が7時である事は確認していました。
 そこで寄ることにしました。
 ロールパンをトレイに乗せたのですが、パンから温かい空気が伝わってきました。開店直後なだけあって焼きたてなわけです。
 人気店の焼き立てパンは、期待通り最高でした。
 朝から忙しい日でしたが、このパンを食べれたので元が取れた、と思ったほどでした。また焼き立てを食べたいものです。

2019年02月09日

雪が積もる

 雪が降りました。
 朝起きたら、そこそこの降りだったので、色々と心配したのでしたが、結果的に積もることはありませんでした。
 雪対策として、色々と予定変更をしたのですが、結果的には、変更しなくても何の問題もありませんでした。
 ちょっと拍子抜けしました。しかし、これは結果論であり、雪が積もった可能性もあったわけです。それを考えれば、この予定変更は正解だったと思っています。
 月曜の朝も雪が降るそうです。仕事柄、雪が積もると色々と困るので、こちらも、軽い雪で終わってくれるよう、今から願っています。

2019年02月08日

第一感が正しかったケース

 パソコンが重くなり、マウスでクリックしても反応するまで時間がかかるようになった、という連絡がありました。
 行ってみたら、確かに異常なまでに反応が遅くなっていました。
 「マウスの故障でしょうか?」と尋ねられました。しかしながら、マウスはちゃんと動いています。右クリックすればすぐにコンテキストメニューが出てきます。そして、左クリックした場合、時間がかかるものの反応はします。
 そのため、「マウスの故障ではなさそうです。パソコン内部の問題だと思います」と答えました。
 そしてスタートアッププログラムの無効化やセーフモードでの再起動などを試したのですが、現象は全く改善されません。
 何度めかの再起動のあと、最初の問いが気になりました。そこで、マウスで左クリックする代わりに、キーボードのエンターキーを押したら、即座に反応しました。
 もうこれはマウス以外に考えられない、と思い、近くの量販店で購入して交換したところ、正常化しました。
 つまり、このマウスに「左クリックをした場合、パソコンに命令が伝わるまで非常に時間がかかる」という障害が発生していたわけです。
 そのような障害はこれまで見たことも聞いたこともありませんでした。それだけに、最初に聞いた「マウスの故障では?」という指摘を即座に否定したわけです。
 自分の経験にない可能性について、もっと考えるべきだったな、と反省させられた一件になりました。

2019年02月06日

加害者と同レベルのクレーマー

 小学生の方が虐待で殺された事件がマスコミを賑わしています。
 それに煽られた人々が、その地域の児童相談所に「抗議の電話」を大量にしているそうです。
 言うまでもないことですが、そんな電話を何千本かけても、事件の再発防止につながりません。むしろ、その電話によって児童相談所で働くひとが疲弊し、むしろ虐待被害が増えるリスクが生じるだけです。
 もちろん、電話をかけている人々にとって、そんな事は全く関心などないのでしょう。
 彼らの表層意識は、自分は正義感でやっているとなっているのでしょう。しかし、その本質は、「弱い者いじめ」でしかありません。相手は絶対に反論も抵抗もしないとわかっているからこそ、電話で罵倒して、いい気分になっているだけなのです。
 言うまでもなく、この事件で一番悪いのは、実際に子どもを殺したその父親です。彼は罵声を放つなどして、関係者を脅していました。これについては、嫌がらせ電話をしている人々とやっている事は同じではないでしょうか。
 毎度のことですが、このような「いやがらせ電話」をする連中が「いじめ」をやっているだけでしかない事が、社会常識として共有される世の中になってほしいものだと強く思いました。

2019年02月05日

プロバイダ契約なしで光回線契約

 70代後半の人から、「引っ越して光回線を引いたのだが、ネットにつながらない」というSOSがありました。
 状況を確認したところ、プロバイダ契約がなされていない可能性が99%といった感じでした。
 しかしながら、Bフレッツなどを申し込む際は、セットでプロバイダ契約も提示されます。にも関わらず、なぜだろうか、と不思議に思いつつ、現場に向かいました。

 契約書をみたところ、回線はドコモ光でした。物理的にはBフレッツと同じものです。
 しかしながら、契約書のどこにもプロバイダ情報はありません。予想通りではありましたが、ちょっと驚きました。
 70代後半で、どう見てもネットに詳しくなさそうな言動の人がドコモショップに訪れたわけです。ドコモ光を勧めるならば、プロバイダ契約さらには、その設定サポートまで提案するのが当然ではないでしょうか。そうしないと、自力では絶対にネットに繋ぐことは不可能です。
 よくこんな契約をさせたものだと心底呆れました。
 実は、このような形で、何も理解せずにドコモ光の契約をさせられた高齢者を見たのはこれが3人目です。いずれも、プロバイダ情報の設定のことなど、全くわかっていませんでした。
 もちろんこれはドコモだけの話ではありません。ソフトバンクでも同じように必要もない光回線を抱き合わせで契約させられ、無駄な費用を払う羽目になった人を複数知っています。
 残念なことですが、携帯のキャリア会社は、客を騙して儲ける事を是としていると思わざるを得ませんでした。

2019年02月04日

久々の京成千原線

 仕事で京成千原線に乗りました。
 かつては千葉急行鉄道という別会社だったのですが、経営破綻して京成に吸収合併された路線です。
 24年前、千葉急行鉄道として、ちはら台まで全線開通した初日に、当時住んでいた東京都中野区からはるばる乗りに行ったものでした。
 あのときは、20数年後に仕事で乗るようになるなどとは夢にも思っていませんでした。
 この路線は単線ですが、複線を設置する場所は用意されています。しかしながら、おそらくは永久に複線化されることはないでしょう。
 その線路のない路盤や、上りホームとして作られながら、一度も客が利用したことのない千葉寺駅のホームなどをみていると、なんとも言えない哀愁を感じさせられました。

2019年02月02日

低価格朝食

 牛丼チェーン各社が、300円を切る朝食セットを相次いではじめました。
 松屋では、以前から360円で提供していた朝食セットがありました。
 その構成は、ご飯・味噌汁・卵・小鉢(ミニ牛皿など)・海苔・漬物小皿でした。
 そこから、海苔と漬物小皿を抜いたものを290円で提供していました。
 それだけの違いなのですが、なんかえらく簡素な雰囲気が漂っていました。
 このメニューを各社が出したのも、長引く不況で人々の財布の紐が固くなったからです。
 そんな事を思いながら、簡素な朝食をすませました。

2019年02月01日

「えきから時刻表」終了

 ぐるなびがやっている「えきから時刻表」というサービスが終わるというニュースを見ました。
 これは非常に便利なサービスで、各駅の発車時刻表はもちろん、その路線の時刻表まで無料で見れる、というものでした。
 電車に乗る時、これがあれば全て間に合うので、紙の時刻表を買うのをやめてしまったほどでした。
 ただ、他の人もそうでしょうが、時刻表を見るだけで、サイト内にある広告をクリックする事など一切ありませんでした。
 ダイヤ改正のたびに修正をするような手間がある上に、利益が少ないとなれば終了も仕方ないのかもしれません。
 残念に思いますが、こちらが一円も払っていないのですから、仕方ないとも言えます。
 そして、残念さと同時に、久々に紙の時刻表を買う事の楽しさみたいなものを感じたりもしました。