2019年01月16日

「枠」の悲劇

 横綱の稀勢の里関が引退しました。8場所連続休場・8連敗などの、残念な「横綱記録」ばかりが目立った晩年の相撲人生でした。
 稀勢の里関の横綱昇進の際には、これまでより甘い「昇進基準」が話題になりました。
 前の場所は、14勝して優勝した鶴竜関に2勝差をつけられた12勝3敗でした。次の場所で初優勝して横綱になったわけですが、これは「二場所連続優勝もしくはそれに準ずる成績」という規定を満たしたとは言い難いでしょう。
 おそらく、外国出身の大関が、稀勢の里関と同じ成績を挙げても、横綱に推挙される事はなかったのではないでしょうか。
 新横綱の場所は、終盤で明らかに出場が無理と思われる怪我をしながら、「奇跡的な勝利」を続けて優勝していました。その結果、怪我が尾を引いて、休場を続けて、以降、まともに相撲が撮れたのは一場所だけ、という結果に終わったわけです。

 もし、横綱昇進の基準に、出身国や国籍によるバイアスがなければ、普通に大関を続けられたはずです。「奇跡的な勝利」で新横綱優勝を果たした場所も、普通の大関だったら、怪我した時点で普通に途中休場し、大怪我にならなかったのではないでしょうか。
 日本出身で日本国籍を持つ人を横綱にせねばならない、という相撲協会・横綱審議委員会・それを取り巻く人による「日本人枠」特例による横綱昇進が、稀勢の里関の相撲人生を縮めてしまったわけです。
 これを樹に、このような「日本人枠横綱昇進」はやめてほしいものだと思いました。

2019年01月15日

甘さと厳しさ

 よく「甘い人」と「厳しい人」という区分けがあります。
 その中では、自分はよく「甘い人」に分類される事が多いようです。基本的に他人にきつい事はいいません。あと、失敗が発生した場合、その失敗を執拗に追及することは絶対にせず、むしろフォローする、という習性からかと思われます。
 しかし、自分としては、「甘い人」という認識はありません。
 先述したような些細な事に関しては確かに「甘い対応」をします。しかしながら、本質的に許されない事については、絶対に妥協しないからです。これは20代の頃から今にかけ、全く変わっていません。
 これまで経験した色々な件で、自分より「厳しい」と言われた人はたくさん見ました。しかしながら、そのような本質的に重要な事件が起きた時に、「なるほど厳しいな」と思える対応ができた人は、数人しかいません。
 どうでもいい事に対しても「厳しさ」を発揮する必要があるとは到底思えません。むしろ、必要なときだけに発揮するのが「厳しさ」だと思っていますし、今後もそうありたいと思っています。

2019年01月14日

18年前と違う読み方

 21世紀に入ってから連載して大ヒットした漫画を久しぶりに読みました。
 当時は普通に楽しく読んでいた記憶がありました。しかし、再度読んでみたら、その人権感覚のなさに驚きました。
 主人公はヒロインを普通に罵倒し、なにかあるとひっぱたきます。途中からは、性的少数者の方々を馬鹿にしたようなキャラまででてきていました。
 我ながら、よくこんな漫画を、当時は普通に読めたものだ、と驚きました。
 まあ、それだけ人権侵害に対する世間の意識が進み、自分もその影響を受けた、というのもあるのでしょう。

 もっとも、この2019年になっても、このような人権感覚で描かれている漫画はすくなくありません。先日も、超大手雑誌が性差別的な企画を行い、問題になったものでした。
 漫画界の健全な発展のためにも、これについては何とか改めて欲しいものだと思っています。

2019年01月13日

学びたいものが次々と

 先月にちょっと書きましたが、年末年始にかけて、ちょっと力を入れて読書をしました。
 仕事に関する本ですが、改めて、物事の基本を理解することができ、大変有意義でした。
 情報を入手するのならネットのほうが早くて多彩な情報を選べます。しかし、物事の「基礎体力」をつけるにはやはり読書だな、と思いました。
 読み終わる頃には、また新しい課題が生まれ、さらに本を買いたくなります。
 あと5ヶ月ほどで50歳になりますが、学ぶ気持ちは、これからもずっと持ち続けたいものだな、と思っています。

2019年01月12日

30年めの飲み会

 大学時代、将棋研究会に所属していました。卒業後はOB会活動を初め、現在まで継続しています。
 入学した年の暮れ、同期のNくんが、クリスマスパーティ兼忘年会を企画しました。自分はそのときは欠席しましたが、その後、参加をするようになりました。この会は、卒業後も続きました。
 7年ほどまえ、それまでずっと幹事を務めていたNくんが急逝しました。その後は、自分が幹事を引き継ぎました。そして、本日、30回めの会を開くことができました。
 皆、年をとり、いろいろな経験をしました。しかし、将棋に関しては、30年前と同じ感覚で、楽しく語り合うことができました。
 この会を、40年、50年と続けていければと、思いました。同時に、かつて主催者であったNくんがいないことに寂しさを感じたりもしました。

2019年01月11日

一日だけ「利子生活」

 10年ものの定額預金が満期になりました。その利息の一部で、今日の食事をまかないました。
 つまり、今日一日は、「利子で生活」したわけです。
 20世紀は、定期預金の利率が3~5%くらいありました。そのため、一定の貯金があれば、その利息だけで生活することが可能でした。そのため、「利子生活者」などという言葉もありました。
 もちろん、この超低金利の時代においては、完全に死語となってしまいましたが…。
 言い換えれば、この低金利政策により、本来、庶民が受け取れたはずの利子が吹っ飛んでしまったわけです。その一方で、この政策により、大儲けした人がいたわけですが…。
 そんな事を思いながら、チェーンのファーストフード店で、「一日だけ利子生活」をつつましく楽しみました。

2019年01月09日

デイリーヤマザキが閉店

 近所にあるデイリーヤマザキに行きました。元旦にも行っており、「今年初の買い物をした店」だったところです。
 ところが今日は、冷凍庫が空っぽになっており、他の場所もえらい品薄でした。「もしや…」と思ってレジに行ったら、案の定、来週の火曜で閉店、という表示がありました。
 月刊誌の入荷が早いこともあり、一時期は毎月通っていました。また、21年半前に幕張本郷に来たときからずっと営業し続けている、数少ない店の一つでした。
 それだけに、閉店と聞いて、かなり寂しいものがありました。
 なくなる前に、もう一度くらいは行かねば、と思っています。

2019年01月08日

チャリィー号の修理

 通勤などに愛用している自転車・チャーリィ号の後輪が大晦日に壊れました。パンクではなく、車輪交換が必要とされるレベルです。
 正月休みもあってなかなか治せなかったのですが、今日、やっと修理することができました。ついでに、以前に外れた時に「限界に近い」と言われたチェーンも交換しました。
 これまでも、まずは後輪を、続いて前輪を一回ずつ交換しています。それと今回の修理費を足したところ、5年半前にチャーリィ号を購入した時の費用をちょっと上回ってしまいました。

 このように書くと、「なら最初に後輪を交換した時に買い換えればよかったのでは」と思ってしまいがちです。しかしそれは違います。
 最初の後輪を修理した時に買い換えれば、確かに、次の前輪と今回のチェーンの交換は不要になります。しかし、後輪は今回二度目の交換をしたことからわかるように、その時に買い替えても今回の交換は必須だったわけで、その分の費用はどっちにしろ発生するわけです。
 そう考えると、結局のところ、買い換えなかったほうが安上がりだった事がわかります。
 とはいえ、自転車屋さんには、6年も乗っていて、日頃、屋外に置いているなら、そろそろ限界に近い、と指摘されました。
 次に壊れるときは、交換不能になる可能性が高いようです。
 この6年間、色々な形で使い続けてきたチャーリィ号なだけに、別れを意識するのはちょっと寂しいものがありました。ただ、寿命である以上は仕方がありません。乱暴に扱わないようにして、一日も長く使い続けなければ、と思いました。

2019年01月07日

不快にさせるテクなら最高の営業電話

 職場に電話がかかってきました。いきなり「そちら様が電話の基本料金が無料になった事を知らなかったのでお電話しました」と言ってきたのです。
 もし言っている事が本当で、基本料金が無料になったていたとしても、なぜこの電話をかけてきた人は、それをこちらが「知らない」という事がわかるのでしょうか。
 しかもそれを「どうせあんたは無知だからしらないだろう」という口調で話しかけてくるのです。
 もちろん、「電話料金(もしくはインターネット)が安くなります(もしくは無料になります)」という電話をかけてくる業者は100%相手にすべきではありません。
 その電話を真に受けて契約し、得したひとなどいません。

 したがって、どんな言い方だろうと切るのですが、ここまでガチャ切りしたい欲求にかられる電話ははじめてでした。
 ちなみに、リストでかけているので、しばらくしたら、同じ建物内の別の部署にも続けてかけてきました。別の人が出たのですが、その人も、あまりの無礼さに呆れてすぐに切っていました。
 電話営業は話術が重要なわけですが、このような相手を不快にするテクに磨きをかけたものは初めて聞きました。
 まあ、最近は国内外問わず、偉い人が傲慢な態度で嘘をつき、それがまかりとおっています。
 それゆえに、こんな話し方の電話営業でも成り立つのでしょうか。
 そう考えると、さらに不快さが増しました。

2019年01月05日

休みの効用

 この正月休みは、特にでかけたりしませんでした。
 ある意味ダラダラと過ごしたわけですが、ダラダラしていると、色々な考えが頭に浮かびます。
 どうでもいい事も多いのですが、その中には、一見、当然のようで、普段暮らしていては思い浮かばないようなものもあります。
 そういう経験をするたびに、「やはり長い休みというのは必要だな」と思います。
 正月休みは終わりました。今年は忙しくなりそうですが、このように休んで発想力を高める時間は確保し続けたいものだと思っています。

2019年01月04日

2019/1/4の更新

 ニャン孫のことを書きました。
 ブログでもしばしば言及していた、友達であるニャン孫の出会いから引っ越しまでについて書いています。
20141219.jpg 20180922_2.jpg

2019年01月03日

新春恒例の富士山

 毎年、正月休みに、富士山を見に行っています。
 別に山梨や静岡に行くわけではありません。自宅から歩いて5分ちょっとのところに、この時期だけ富士山が見える場所があるので、そこに行って夕暮れの富士山を見て、写真を撮っているのです。
 10数年前、たまたま見えた富士山がきれいだったことから、正月の恒例行事になりました。別にやらないと困るものではありません。とはいえ、年明けそうそう、「課題」を達成することができ、ちょっとうれしく思いました。
20190103.jpg

2019年01月02日

今世紀初の「手書き宛先年賀状」

 昨日も書きましたが、自分の「年末年始休暇」は元旦の昼からでした。
 そういう事もあり、年賀状にとりかかったのも、2日になってからでした。
 とりあえずプリンタを出して、アクセスに入れている住所を印刷しようとしたのですが、かすれてしまっています。ヘッドクリーニングを試みたのですが、何の効果もありません。どうやら、プリンタが故障してしまったようです。
 しかたないので、宛先は手書きにしました。少なくとも、21世紀に入ってから、手書きで年賀状の宛先を書くのは初めてです。
 字が下手な上に、手が疲れて、えらく苦労しました。
 ある時期まで、「ワープロ打ちは失礼。手書きでこそ心がこもっている」みたいな言説がまかり通っていました。
 しかし、自筆の宛名の拙さにほとほと呆れながら、そんなこと絶対にないよな、と改めて思いました。

 ちなみに、ここ数年、プリンタを使うのは、年賀状の宛先印刷だけでした。それだけに、プリンタを買い換えるのも気が引けます。来年の年賀状はどうしようか、と今から悩んでいます。

2019年01月01日

謹賀新年2019

 新年あけましておめでとうございます。
 本年も「つれづれの館」をよろしくお願いいたします。

 仕事の関係で、大晦日は深夜まで働き、そのまま職場に泊まりました。そして、朝はいくつかのトラブル対応のため、千葉市内を車で移動して、荷物を回収したり届けたりしました。
 そして、昼前に帰宅し、そこから「年末年始休暇」が始まりました。
 ひたすら、家にこもって、寝たり、TVを見たり、パソコンを叩いたりして過ごしました。
 というわけで、まだまだ正月という実感はありません。明日からは、正月休みにやろうと思っていた事を少しずつ手をつけようと思っています。