2015年02月19日

半年も経たずに…

 昨年8月末に、大久保商店街の入口にあったファミマが閉店しました。
 続いて、昨年秋に、その旧ファミマから歩いて3分弱のところにあったゲーセンが潰れました。
 普通、店が潰れると、入口にテナント募集の掲示がされ、次の借り主を待つとしたものです。
 ところが、そのゲーセンは、潰れた直後に取り壊しが始まり、さらに、間を置かずに、新たな建物が建築されました。
 そして、その建物にはファミマの看板がつき、「2月27日開店」と掲示されていました。
 8月に潰れた店からは160mしか離れていません。
 にも関わらず、そこを閉店させ、わざわざ新しい建物まで造って、新店舗を出したわけです。
 しばらく前に「八王子のファミマが大安売りをした後に閉店」というニュースを見ました。理由は、FC店経営者と本部の争いでした。
 それに似たような事が、大久保でも起きたのだろうか、と思わされた、極めて不自然な「閉店と半年後の開店」でした。

2015年02月19日 23:24