2014年11月10日

今年最後の将棋で2勝目を挙げる

 昨日は将棋大会でした。大会に行くのは今年7回目ですが、自分の場合は、会場設営などの雑用が主目的です。そして、チームの出場者が足りないときのみは自分が指す、という形になっています。
 今日はその人が足りない日だったので、今年3回目の対局となりました。
 今年の成績ですが、2月の大会では1勝したものの、7月には連敗し、通算1勝2敗でした。4か月ぶりの対局でしたが、いきなり初戦で反則負けし、さらに2局目、3局目といいところなく連敗しました。
 この大会は、実力ごとにチームを6つのリーグに分けて総当たり戦を行います。昨日はその最終日で、成績が悪いと、下のクラスに落ちてしまいます。
 自分のチームは下から2番目のクラスだったのですが成績がふるわず、入れ替え戦となりました。下のリーグの成績上位チームと闘い、勝てば残留しますが、負ければ一番下のクラスに落ちてしまいます。
 その将棋も、途中はかなりひどい内容だったのですが、何とか逆転勝ちし、チームの残留に貢献することができました。
 長年団体戦をやっているのですが、この「チームの勝ちにつながる勝利」を挙げた時の嬉しさは格別のものがあります。というわけで、通算で1勝3敗であったにも関わらず、終わったときはかなりの満足感がありました。
 いろいろ忙しく、当分は将棋の勉強をする時間など取れません。しかしながら、なんとか来年も、1回くらいはチームの役に立ちたいものだ、と思って、自分にとっての2014年の将棋は終了となりました。

2014年11月10日 20:40