2010年06月06日

蘇我初観戦も、今季初の3失点で完敗

 蘇我球技場(フクアリ)で行なわれた、ジェフ千葉・市原対愛媛FC戦を見に行きました。千葉駅で外房線に乗換えたのですが、駅にはすでにジェフのユニフォームを着た人がかなりいました。
 そして、二駅で蘇我駅に。初めて行ったのは27年前で、それからも何度かこの駅で乗換えたことがありましたが、降りるのは今日が初めてでした。
 駅からも人の流れにあわせて歩きます。駅前通り、さらに製鉄所跡地に建てられた大型店舗群を通り、球技場に着きました。

 正面入口はホーム側ゴール裏だったようで、球技場を半周して、アウェイ側の入場券売場に着きました。途中、ホームのファン向けに、マスコットによるイベントが行なわれている場所がありました。
 そこではジェフのマスコットに加え、愛媛からは、公式マスコットの「オ~レくん」「たま媛ちゃん」、さらには、「愛媛FC非公認マスコット」であるカエルの「一平くん」が来ていました。
 そしてやっと球技場に入場しました。前回行った柏に比べると、観客席がスタンドになっている分、ピッチからの距離はあります。しかし、それでも練習ボールが何度か飛び込んできました。
 試合前のイベントがいろいろ行なわれているのですが、その中の一つに、ジェフのチアガールによるダンスがありました。ただ、ジェフのサポーターは球技場の8割以上の席にいるにも関わらず、ダンスはずっと一箇所で行なわれており、ちょっと不思議でした。
 その後、選手入場を経て、マスコット達も入場してきます。そして、パフォーマンスを行ない、引き上げとなりました。ところが、「一平くん」だけはやや動きが遅れています。そして、慌てて帰ろうとして転倒し、即担架で運ばれました(一連の写真)。生で見たのは今日が初めてでしたが、その存在感には驚かされました。

 その余韻がさめやらぬまま試合開始となります。そしていきなり、相手に攻め込まれ、シュートを放たれます。これを、捕球体制に入っていたように見えた山本選手が抜かれ、開始1分での先制を許してしまいました。
 その後も、試合の主導権を相手に握られ続けます。ここまで堅守を誇ってきたディフェンス陣ですが、今日は何度も突破を許してしまいます。そして、18分には追加点を許してしまいました。
 さらに、前半終了ちかい38分にも、山本選手が裏をかかれたようなシュートを決められ、今季初の1試合3失点となり、そのまま前半を終えました。今日の山本選手は、サイドラインの向こうにゴールキックを打ってしまうなど、普段と動きが違いました。体調を崩していたのでしょうか。
 そしてハーフタイムとなりますが、試合前に転んで担架で運ばれた「一平くん」が足に包帯を巻き、車椅子に乗って再登場しました。そして、「オ~レくん」「たま媛ちゃん」とともに、スタジアムを一周していました。
 後半に入り、愛媛もボールを得る時間が増えます。そして、何度か攻め込みますが、なかなか得点に結びつきません。守備陣も後半は本来の姿を取り戻して追加点を許しませんが、結局そのまま0対3で敗れました。
 前半での守備の乱れがそのまま結果に結びついた感じでした。前回、退場処分となったバルバリッチ監督がベンチ入り停止処分を受けた影響もあったのでしょう。
 これでチームは連敗となり、5勝6敗4分と、開幕戦以来となる黒星先行となってしまいました。次節もアウェイですが、何とか勝って、5割でW杯休みを迎えてほしいものです。

 これで今年の千葉県での愛媛戦は終了となりました。現時点で柏の昇格はほぼ決まりで、ジェフ千葉も今日の勝利で4位に勝点差4をつけています。このままですと、来年は千葉に愛媛FCが来ることはなさそうです。
 ともにいい球技場なので、また行きたいものです。できれば、J1の舞台で見たいものですが、それはいつの日になるのでしょうか・・・。

2010年06月06日 23:46