医療センターとひび野一丁目

2012/5/20

 幕張本郷から海浜幕張方面に行く京成バスの行先を並べると、「海浜幕張駅」「ハイテク通り経由海浜幕張駅」「テクノガーデン」「QVCマリンフォールド」「幕張メッセ中央」「幕張メッセ(東口)」となる。
 このように、幕張新都心らしさを強調する行先が多い中、本数は少ないながら、それらしくない名前の行先が二つある。
 一つは「医療センター」で、もう一つは「ひび野一丁目」だ。本稿では、この「らしからぬ行先」を持つ二つのバス路線をまとめて紹介する。

医療センター

 平日、土曜の朝から夕方にかけ、主に毎時00分に海浜幕張方面に行くバスの行先に「医療センター」というものがある。
 冒頭にも書いたが、他の行先が新都心らしさを存分に出しているのに対し、なぜかこれだけ、えらく素っ気ない名前だ。
 他にも病院を行先にするバスは全国に数多くある。しかし、普通は「日赤医療センター」とか「海浜病院」のように、具体的な固有名詞を挙げるとしたものだ。ところが、この路線だけは固有名詞を一切排している。
 実は、この「医療センター」の正式名称は「千葉県精神科医療センター」である。かつてに比べると偏見が薄れたとはいえ、やはり「精神科」という言葉をバスの行先にするのは印象が悪くなる、という配慮なのだろうか。

 幕張本郷からの経路は、日本一の大幹線である海浜幕張行きと同じだ。そして、高層ビル街を抜け、海浜幕張駅に着いた後は、右手に幕張メッセ、左手に高層ホテル街を見ながら、国際通りを抜けていく。
 そして、通りを抜けた所は、QVCマリンフォールドの敷地だ。医療センター行きのバスも、その敷地に入っていく。
 敷地に入ると、「幕張海浜公園入口」というバス停がある。目の前にはQVCマリンフォールドがあり、そちらに向かって道も伸びている。
 ところが、バスはその目の前にある野球場に向かわない。そして、右折して、球場から出る道に合流し、そのまま敷地を出てしまうのだ。
 別に球場前に寄っても所要時間は2分と変わらないだろう。なんでこんな奇妙な経路を通るのだろうか、と不思議に思った。

 そして、敷地を出ると左折して、右手に幕張メッセを、左手にQVCマリンフォールドを見ながら、海浜大通りという広い道を走る。
 ちょっと進むと、QVCマリンフォールドの正面入口がある。もし野球場に行く客の利便を図るなら、敷地に入って幕張海浜公園入口で折り返すよりも、ここにバス停を作ったほうがよほど便利だと思うのだが・・・。まあ、野球場に行きたい人は、普通にQVCマリンフォールド行きに乗ればいいだけ、という事なのだろう、
 そのまま海浜大通りを進むと、7分ほど前に渡った浜田川を再び渡る。続いて交差点を過ぎると、バスの左側は空き地で、右側はメッセの巨大な駐車場となる。その荒涼とした風景の中をちょっと走ると、左手に中層の白い建物が見える。
 なお、この交差点を右折して3分ほど走ると、8つ前に通り過ぎた、免許センターのバス停がある。
 そして、バスは左折してその建物の敷地に入る。つまり、ここが終点の「医療センター」なのだ。
 その名前から、かなり立派な建物を想像していただけに、こんな小ぢんまりとした建物だったとは、とちょっと驚いた。

 戻りも、同じように海浜大通りを通り、野球場の敷地に入る。そして、行きと同様、幕張海浜公園入口に止まった。
 このまま、行きと同じように右折して敷地を出るのかと思いきや、今度は直進してQVCマリンフォールドのバス停に止まった。
 そして、あたかも普通のQVCマリンフォールド始発幕張本郷行きであるかのような感じで、客を乗せて発車した。
 それを見た時、医療センター行きのおける「謎のショートカット」の理由が分かったような気がした。医療センター行きを普通にQVCマリンフォールドバス停まで運行すると、野球観戦から帰る人などが幕張本郷行きと間違えて医療センター行きに乗ってしまう可能性がある。それを防ぐためにあの特殊な経路を設定したのかも、などと思った。

ひび野一丁目

 2012年4月に、幕張本郷から新都心に行く新たな系統「幕04 ひび野一丁目行き」が誕生した。これまた、新都心に行く他のバスに比べると、かなり素っ気ない行先だ。しかも、この行先、この路線の開設にあわせ、既存のバス停の名前を変えたというのだから面白い。
 ただ新設路線と言っても、新たに開通した区間はバス停1つ分しかない。
 幕張本郷を出たバスは、ハイテク通り経由と同じ経路を急行運転で進む。
 筆者は、企業の一般的な始業時刻である朝9時ちょっと前に乗った。ハイテク通りに入って最初のバス停、シャープ・SIIでは何人か降りたが、次のキヤノンマーケティングでは誰も降りなかった。
 そして、次のIBMでも何人か降り、車内に残っているのは筆者を含めて4人となっていた。わざわざ路線を新設したわりには低い乗車率だ。
 そして、バスは国際大通りを横切り、イオンの脇の道に入った。入るとすぐ、千葉海浜交通・平和交通の「イオン幕張店」(千葉シーサイドバスでは未だに「カルフール」)バス停があるが、京成バスは通過した。
 そして、次の千葉海浜交通・千葉シーサイドバスにおける「県立幕張高校入口」があるところに、「ひび野一丁目」バス停があり、停車した。
 このバス停は、以前は京成も「県立幕張高校」という名前だったが、この路線が開通したのにあわせ、バス停名を改称した。幕張総合高校への通学に使われたくない、という意図でもあったのだろうか。
 その「ひび野一丁目」だが、目の前にかなり立派な建物がある。しかしながら、平日の午前中だというのに、敷地の入口は鎖で封鎖されていた。
 調べてみたところ、「海外職業訓練協会」という団体が運営していた国際能力開発支援センターという施設だった、しかしながら、2010年9月に閉鎖されたとの事だった。
 建物が立派なだけにもったいないと思った。それにしても、新設路線の終点の真ん前が閉鎖された施設、というのは珍しい。何らかの再利用の目処がたったため、そのアクセスとしてこの路線が新設されたのだろうか、とも思った。
 いずれにせよ、この「巨大な閉鎖施設前の終点」というのは不思議な趣があった。